dreAm boat


grant a dreAm wiz u .
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- -
この匂いが分かるだろうか



ザッツライさくらいしょーのお誕生日から一夜明け、みなさんどうお過ごしですか。
わたしは少なくともあと1週間はしょうのことだけを考えなければいけないので(@web)、きょうも頭の中はさくらいフィーバーです。さとしのせいだかんな!!!!!!!!!!!!!

あんあんの感想、あんだけ引っ張っておいてなんなんですけど1枚ずつおけつがどうだ、けがどうだ、とかっていう感想は書きません!!!ただひとつ、わたしはさくらいしょうの背中がすきだということだけは力強く記しておこうとおもいます。あのねえ、わたしにとっては写真がどうこう…っていうよりも、さくらいしょうがあんあんに出て脱いだという、その事実がいちばん大事なんですよね。このお仕事をいただいて、それをさくらいさんが引き受けたこと。おとこのからだ、という特集で全身全霊そのしごとを全うしようと、じぶんの中にある引き出しをひとつ開けたこと。それがこのあんあんにおけるすべてかな、ってわたしはおもってます。うん、知ってたとおもうけどわたし重ーいしょう担なのです^^

それとキャッツの再放送はじまっちゃったね!!!再放送におもいっきり乗っかって、いま絶賛キャッツ祭り実施中です。つってもドラマ見返すだけだけど^^ぶっさんもバンビもアニもマスターもうっちーもモーコも猫田も、もうみんなが愛しくて愛しくて愛しすぎるのでつらいよわたしは。つーかバンビかわいすぎるよバンビ。あーーーーかわいいよバンビ。バンビはほんとうにかわいいねえ。このままほうっておくとわたしのお口が永遠に「バンビかわいい」って言い続けてしまうので自制しますけど^^あーーーなにをどうがんばったら和服姿のバンビにおんぶしてもらえるんだろうね?といくら考えても、「なにをどうがんばっても和服姿のバンビにおんぶしてもらうことはできない」という現実に直面するかなしさ。…がしかし、そこがいい。現実世界にはバンビなんていう奇跡は存在しないというある種の儚さがあるからこそ、バンビがわたしの心を捉えて離さないのです。加えていうとぶっさんもアニもマスターもうっちーも、すっげ普通にいそうだけどでもやっぱりいるわけないのサ!あんな麗しいお顔でびーる!びーる!言いながら盗みに走る余命半年の成人男子いるかっつーの><><ほんと、キャッツの5人みてると「男子の青春」を心底うらやましくおもいます。あんたたちほんとくだらねえな!って5人をみてわらいながら、でもなんかなきそう、みたいな。キャッツの5人が、なんでもないことで言い合ってるのを見ると安心する。たとえそれが何度も見たことのあるシーンでも、つくられた過去だと分かっていても。何度だって安心できるのです。やっぱりキャッツって永遠の青春だよね!!!!!にゃおす!!!!!

あらしファンにキャッツファンが多いのは、キャッツの5人とあらしの5人にどこか共通するところがあるからだとおもうのですけど。だってあらしも「永遠の青春」じゃないか!!!!!あのくだらなさ!あの男子っぽさ!あの、入り込めない感じね!「あんたらあほだなあ」ってわらえる空気感!…えっと、なにが言いたいのかって。……それをいつもわたしたちに届けてくれていた場所がなくなるの?うそでしょう?もしいつかそうなるときが来たらショック受けることくらい分かっていたけど、だけど予想以上なショックのうけっぷりで自分自身たいへん動揺しています。公式がまだなんもいわないので(スポ紙には記載あったけどさ)これ以上はまだ控えるけど、ちょっと書かずにはいられなかったから書いちゃったよ。あー…こわいな。じぶんのきもちのへんかが、こわい。






以下、拍手お返事です!いつもぱちぱちありがとうございます><

*web拍手






続きを読む >>
嵐[Magazine*] 22:44 comments(3)
愛の言葉しか本当に何にもないの



しょうくん、28歳のお誕生日おめでとう!!!!!



やまっこカラーの28のろうそくです。いちごが4つしかないのがすこしさみしいけれど、クリームがさくらいしょうのあの可憐なお顔のように甘くて、おいしかったからよいのです。お祝い、家族がっつり巻き込んでやったぜ!!!ブギー流しながらハッピーバースデー歌わせてやったぜ!!!まんぞくまんぞく^^


わたしね。あいばくんのお誕生日のとき歳の数だけ好きなところを挙げてみよう!ってことで27コあげた記事を書いたんだけど、で、それをしょうさんのときもやろうとおもったんだけど…できなかったんだよね。たぶん、ただ単純にしょうくんの好きなところつらつら挙げていけば軽く宇宙の星の数くらいにはなるんだけど(お誕生日だし許してやって)、その「単純」がなぜか出来なかった。そんなじぶんを知ったとき、ああやっぱりわたしってしょうくんのことすごい大事なんだなーっておもったのです(いや、あいばくんのこともすげー大事だよ!!!ほら、しょうさんってわたしの俗に言う担当ってやつだし!!!←必死)。
こんなことは誰だって分かってる宇宙の真理だけど、しょうくんってかわいいじゃん。うん、盲目だってことは知ってるし言われたってかまわない。ほら、しょうくんってかわいいじゃん(だいじなことなので2回いったよ)。うれしいときは思いっきりまゆげ八の字にしてわらうし、ときにメンバーのことを母のような目で見守ってるし、加減が分からないとかいうくらい一生懸命だし(おばかなことも)、はんけつ出しちゃうSHOW和なキャスターとか振り幅ひろすぎだし。17の小娘に「しょうくんったらかわいすぎるんだからあ、まったくこまっちゃう><」とあくまでまじめに言わせてしまうほどのかわいさなわけです。で、わたしが櫻井翔のなにがすきって。こんなにかわいいかわいいしょうくんは、実は野心まんまんなんです!ってところなんですよね。もちろんかわいいしょうくんだいすきだけど、でもいつまでも心のどこかにある尖った部分はなくさないでほしいなっておもう。「外野の言葉はシカトする!」って大観衆の前で言ってしまえる、そんなさくらいしょうがすきです。
そしてやっぱりアイドルであること。いつかの記事で彼の仕事についてわちゃわちゃ書いたこともありましたけど、そしてその想いは消えたわけじゃないですけど、でもやっぱり櫻井翔ってアイドルなんだよねー。当たり前だけど。でもその当たり前がわたしにとってはちょうちょう重要なのです。ほら、しょうさんってじぶんのことより人のことっていうところがあるでしょう。じぶんのことよりあらしのことだったり(これは他4人もそうなんだけど)。だからあらしの今後は?って聞かれて答えられても櫻井翔の今後は?って聞かれても答えられなかったり(ってこの前Oneのメイキングを久々に見たときにおもった)、しょうさんにとってラップってだいじなツールなはずなのに「嵐」にとってのラップの必要性を考えてたり(@エイチ)。さくらいしょうの根幹には嵐があってアイドルがある。これだってわらっちゃうくらい当たり前のことかもしれないけど、そんなことを彼の言葉や行動の節々から感じるから。もしかしたらいちばんアイドルというものから遠いところにいたしょうさんが、アイドルとしてアイドルの概念をくつがえしていく姿を見ていたいとおもうのです。だからいくつになっても、わたしたちにアイドルがどれほどか見せ続けてやってください。

見てるこっちが息苦しくなるくらいお忙しいしょうさん。「休ませてあげて><」とか言いながら(実際もそうおもってるけど)、なんだかんだわたしはそうやって忙しくしてるしょうさんがすきだったりします。だって、こんな忙殺されてもおかしくない日々のなかで、まんまるオメメをあんなふうにきらっきらさせてるひと、しょうくんしかいないもん。がんばってるんだなあ、っておもって勇気づけられてるから。だから、がんばれ。わたしは、あくまでわたしはね?がんばってる人に、「そんなにがんばらなくていいよ」とは、やっぱり言えないみたいです。だから28歳のしょうくんも、みんなから愛されるという意味での"トップ"になる夢のために、がんばってね。お誕生日のときは毎回、「しょうさん愛されてるなあ」っておもってしあわせになるのがわたしは嬉しいよ。28歳のしょうさんも、たくさんのひとに愛されてわらっていますように!


普段はほとんどこんなこと言わない(とおもってる)し、だからしょう担にあまり見られないわたしだけど、でもきょうは大声で言ったる。誕生日ということとデレ期だということ、このふたつの力が合わさればこわいものはなにもない。




しょうくん、だいすきです!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!







*web拍手





嵐[Special*] 22:48 comments(0)
あの日見た空を探しに行こうよ



えろほん…じゃなくてあんあん(いい加減しつこい)を母が見たあとの第一声は、「こりゃしょうくん、剃ったな」でした。…なんだかじぶんがこんな残念な頭(イコールHENTAI)になってしまう理由がすこしだけ分かった気がする^^^^^^

でもまだそっちの感想は書かないよ!つーか書けるか不安になってきたよ!あれを見た感想はじぶんの胸の中にそっとしまっておいたほうがいい気もするけれど(いろんな意味で)、将来のじぶんのためにも感想をしたためておいたほうがいい気もする(いろんな意味で)。



♯神戸新聞の7日間
この震災が起きたとき、わたしは2歳。テレビで報道を見た記憶もない。この震災を知ったのは小学生のとき学校で教えてもらったときかな。でもそれだけで小学生だったわたしがその事の大きさを理解できるはずもなく。わたしの周りには被災者だっていないし、友だちとこの震災の話をしたこともない。17歳になったいまでもこの地震について知っていることといえば、神戸で高速道路が折れ曲がってしまうほどの大きな地震が起きたという事実だけ。…これを風化というのかは分からないけれど、そうだとしたらこういうことなのだろうとおもった。正直、あのまるで戦争が起きたかとおもわせるような風景が15年前に神戸に広がっていただなんて信じられない。15年前…?ああいったことが、実際に15年前に起きているんだということ。それを知れただけでも、良かった。実際に体験したひとじゃないと、到底分かりえない痛みなのだろうけれど、だからこそ、こうして伝える必要があるのだろうね。でも、きっと思い出すだけでつらいことをこんなふうに伝えてくれたとしても、受け手に受け取る意志がなければ伝わらないことで。わたしは正直、いままで逃げていたのだとおもう。わたしがこの世でいちばん恐れている地震、というもので傷ついた人がいるという現実に目を向けることが怖かった。いつも自分に置き換えて考えてしまうから、それが苦しくて目をそらしてた。本当はだからこそ目を向けなくちゃいけなかったのだろうけど…たぶんわたしは、このドラマもさくらいさんが出ていなければ見ていなかったとおもう。だけど彼が出てるから見た、っていうわたしみたいな人は多いんじゃないかな。そういった役割を担うさくらいしょうというアイドル。好きだなっておもう。わたしが彼らを好きになってよかったとおもうことの一つは、世界が広がること。視野が広がること。いろんなことを知るチャンスが増えるということ。このドラマを観て、震災についてほんの少しでも考える機会をもらいました。観れてよかった。



♯特上カバチ ♯01
第一話からすでに、ドラマを「ドラマ」として楽しむという選択肢がなくなりました。いや、好きか嫌いかでいったらわたしはわりと好きですけどね、このドラマ。だけどそれ以上に…田村がかわいすぎたんだよ><><こんなOTK心をくすぐられるキャラクター…純粋にドラマとして楽しめるわけないじゃないか!!!そんなの田村がいけない!!!田村の甘い唇がいけない!!!となりで家族がきっと純粋にドラマを楽しんでる横で、わたしは心の中でずーっと「ダッフル…ダッフル…ダッフル…」ってそれだけをただ呟いてたよ。こんな視聴者でごめん。でも…あれはダッフルが似合いすぎる田村がいけないんだもん><><><最終回には、まともなドラマの感想かけるようにがんばってみます。だけどダッフルという文字で埋め尽くされていたときはあやま………りません!!!!!





シングル発売決定のお知らせはいつなんだーーーーー!!!!!とそればっかりが気になってしかたないraimuでした。sweet sweet!!!!!




*web拍手
いつも拍手ありがとうございます。do it do it!!!!!




嵐[Drama*] 17:50 comments(2)
ちょっと俺を捕らえて



巷で噂のえろほん…じゃなくてあんあん、まるで神聖なものを扱うかのごとく読ませていただきました。
OTKの方々の前情報だけでこれしばらくわたしページめくれないんじゃね?とか思ったりしてたんですけど、いざ読むとなったらそりゃあもう食い気味に隅々まで拝見させていただきました。
本屋で表紙がちらっと目に入った瞬間、体中の穴という穴から汗がどばどば出てきたときはどうしようかと思いましたが、もういまは冷静です。冷静にあんなところやこんなところまで凝視させていただきました。HENTAIといわれてもかまいません。だってHENTAIだもの。


えろほん…じゃなくてあんあんの感想は別で挙げるとして、まずはえろびでおにまつわるエトセトラ。ここ数日のわたしの頭のなかは、しくだいやらあんあんのせいでそれはそれは残念なものに仕上がっていました。授業を受けているあいだ、クラスの中にだんち系のことやおとこのひとのからだについてぽわぽわと妄想を膨らませている人がいるなんてクラスのみんなも先生もまさかおもってないだろうな。みんなごめん。


♯宿題くん @0118
怪しいビデオをメンバー内で貸しあいっこしてるグループってなんなの???さすが安心な男子・・・・・・・・!!!!!!!!健全な男子すぎるだろ^^その怪しいビデオを追求するくだりを見ても、それに関する妄想(どんな流れで貸すことになったんだろう、とか)をあれやこれや浮かべても、「かわいい」という感想がいちばんしっくりくるわたしって一体。そしてそんなあらしって一体。○○系ってことですけどそれを地上派で言っちゃうあいばくんも素晴らしいしそれを言わせようとするにーのも素晴らしいしそれをいくらピー入ったとしても放送したスタッフも素晴らしい。ごめんじゃるじゃる。だってにーの明らかにビデオの内容知ってたじゃん…!!!手ごわいアイドルです。
それにしても。しょうさんにビデオ失くしちゃったって言われて2秒後くらいに吹き出して下を向くさとし、なんのビデオ?って言われてしどろもどろなさとしをじっと見つめながら聞いてるしょうさん、標的があいばくんに移ってからは同じ方向に体を傾けながら行く末を見守るふたり。どれもこれも、いいやまです。これは後世に残したいやまっこ。なんかもう最後のほう、堪忍してる感じがよい。じぶんたちでうまくごまかせなかった怪しいビデオのことを、あいばくんに振ってしまった時点でああいう結果になることは目に見えてるはずだもん。腕で顔を隠してみたり、にやける口元を手で抑えてみたり、顔を手で覆ったまま、催眠術かけられてるあいばくんを見て笑ってみたり…要するに起きてしまった事態にじぶんでは何も対応出来ないながらも「降参」してるしょうくんがかーわーいーいいいいいいい!!!!!(※デレ期継続中です)。そんなわたしのベストオブさくらいがこちら。

追い詰められるさとしを見つめるまなざし。くちびるがぷにってなる感じでおかれた指。はーーーー全くもってけしからん!!!!!!!!画像だと目は消してるから威力は半減だけど、なんかさーこのさっくんちょっとえろいよね。っておもうのはわたしだけ???これぞ真のえろかわいい!!!
○○系、を聞いた瞬間の3人の反応がリアルでかわいすぎたんだ。しょうさんはなんでビデオなくしちゃったんだろうね。ここ最近は忙しすぎて見返す暇もなくなって、そのうちにどこに隠したのか忘れちゃったのかな^^にーのとじゅんたすに回ってない、っていうのはどういうことなんだろう。にーのはビデオの内容知ってたみたいだし、やっぱりタイプが違ったのかな^^MOSOはふくらむばかりです。楽しいね!!!あいばくんはたくさんそういうの持ってるだろうから、ぜひ今度はじゅんたすにオススメのやつ貸してあげてください。

でさあ、今回のしくだいMOEはこのくだりだけじゃないの。あれだね、臭いものって素晴らしいね。もうちょっと細かく言うと、臭いものが出てきたときに同時に用意されるあのBOXって素晴らしいね!ずっとテレビ誌で見てて楽しみにしてたんだ、あのBOXにぎゅうぎゅう詰めなあらし。まさかのまんなかにはおぐさん、ってオチでたいへん残念がったわたしをどうか許してください。でも「みんな入っちゃいなよ!」ってさ、ぜったい入れてないのに無理矢理みんなで入ろうとするあらしってすごいよね。だってゲストおいてけぼりだよ?^^心なしかまんなかにいるおぐさんが嬉しそうに見えた…よ……^^^^^^あとはおぐさんからの指名があろうと、ちゃんとじゃんけんするあらしがすき。そんでしっかり負けるしょうさんがすき!!!あーあとあれだ。バキューンさがしてるしょうさんに対して「もっと噛んだほうがいいよ」ってしれっと言い放つサトシオーノにしびれたよね。これぞyama!!!そして捕らえられてるあいだのしょうさんの首の血管に釘付けです。あーー、「俺を捕らえて」って言われてえ…(頭おかしい)。

あと忘れちゃいけないのが末ズ!なんかあのふたりおかしくなかったか!わたしはこの回のしくだいで、2010年も末ズパンデミックが起こることを確信した。逃げるにーのをじゅんたすが捕まえて?お互いに肩に手を置きながらふたりでにおい嗅いで?にーのが座ってる隣にじゅんたすが腰掛けて?
…にーののこと大好きだなじゅんこ・・・・・・・(しろめ)。ことしもこんなじゅんこのことをよろしくお願いします、にのみやさん。





*web拍手
いつも拍手ありがとうございます><YOUもコメントしちゃいなYO!




嵐[SHUKUDAI KUN*] 21:44 comments(0)
もう何を言われたっていいや




ARASHI Anniversary Tour 5×10 と銘打ったツアーが無事、終幕ということで。
ツアーの成功を願ったすべてのみなさま、おつかれさまでした!!!!!!!

その最終地であった名古屋。ツアーのさいごを見届けた方からいくつかしあわせのおすそ分けをいただいていますが、どこにいっても愛の言葉で溢れていて「ああ、素敵なラストになったんだなあ」と。そんなふうに思えただけで、わたしもしあわせでした。そのしあわせのおすそ分けの中で目にした「もう何を言われたっていいや」という言葉。うん、わたしも。じぶんのことはまだ何を言われたっていいなんておもえないけれど。あらしを愛する人たちに囲まれながらそのまんなかで彼らがわらっているならば、もう何を言われたってだいじょうぶな気がします。だって揺るがないから。それほどまでにわたしはあらしを信じているから。きっと、彼らがわたしを信じ続けさせてくれる限り道は続いていくのだろうとおもいます。

ファイナルを終えたいま。わたしが彼らに向けて伝えたいことを頭の中でたくさんぐるぐる考えて…考えても考えても、やっぱりおなじ1つのところに行き着いてしまう。前号の会報、鮮やかな色に染められた夢の世界が映る表紙をめくって、5人がステージの上でわらっているいくつもの写真たちに添えられて書いてあること。「言葉に尽くせない思いを、それでもやっぱり言葉にするとしたら。あふれる愛と感謝をこめて、心からのありがとう。」まさにそのとおりです。ありがとう。本当に本当にありがとう。この半年間という長いツアーのあいだで、このさき何年経っても忘れたくない思い出がたくさん出来ました。まずね、ひっくり返りそうになるくらい忙しいいま、コンサートをやってくれてありがとう。6箇所もまわってくれてありがとう。だって6箇所を半年かけてまわったんだよ。そんな日程しか組めないなんて、もうほんとにぎっちぎちのスケジュールだったはずなのに…それでもツアーやってくれて。しかもアリーナツアーも考えた、なんていうんだから。優しすぎるひとたちで困っちゃいます。そしてこんなしあわせな空間をうみだしてくれてありがとう。10周年の思いなんてやっぱりそれは人それぞれで、きっと全員を納得させることなんて出来ないのだろうけど、わたしはしあわせだったし心から楽しかったし素直にいいコンサートだったなあっておもうから。ステージに5人で立ってくれてありがとう。あらしを好きじゃなかったらきっと一生見ることのできなかった絶景を、見せてくれてありがとう。スタッフさんも、彼らをいろんな面で支えてくださってありがとうございます。垂れ幕に「ファン」という文字を入れてくださったこと、感謝です。オケの方々もあらしの曲を素敵な音で奏でてくれて、ジュニアのみんなも一生懸命ステージを盛り上げてくれて、ありがとう。そして、あらしが好きだっていうおんなじ気持ちで会場に集まったファンのみんな、いろんな場所からこのツアーの成功を祈ったファンのみんな。あらしを愛するすべてのひとにありがとう。


もしかしたらいちばん「10年」を感じたかもしれない、初日に見たさとしの涙。29日、灰色の空から覗いたまんまるの月。大雨が降るなかで打ちあがった、煙でほとんど見えなかったけれどそれは確かにとっても綺麗だった花火。大阪で真っ正面から5人が向かってきたときの高揚感。赤く広がる光の海にやっぱりドームは大きいな、と感じた東京。ぜんぶぜんぶ抱きしめながら、この大草原に続く道を一緒に歩いていきたい。もう、5人は次の扉を開いているね。わたしはその扉の先にあるものを、きょうもあしたも夢見るのだとおもわずにはいられません。そんなコンサートでした。最後にもう一度、心をこめてありがとう。約半年間、おつかれさまでした!!!!!





*web拍手
☆16時12時台に拍手コメントくださったみけ様
はじめまして、コメントありがとうございました!
さくらいシャワーとは…いわゆる番宣のことでしょうか?
さくらいシャワーって文字を見て浴びたい…><><とかおもってすいません^^
2日間にわたってのしょうさんからのメール、嬉しかったですねー☆
おもわずコメント、大歓迎です。ありがとうございました!





続きを読む >>
嵐[Concert*] 23:23 comments(0)
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
WEB CLAP
ARASHI PEOPLE
DRECOM
PHOTO
ブログパーツUL5
COUNTER
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS