dreAm boat


grant a dreAm wiz u .
<< ふたりで消えてしまえたなら | main | 喜びの全てを花束にして >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- -
いつも傍にはmusic




きのうは学校でたくさんの人に「あらし5人でドラマやるんでしょー?」って言われました。
すれ違った人が「あらしが5人でドラマやるんだって!」って友だちに話してるところを耳にしたりしました。
「クリップ集、いくらするの?」とも聞かれたりしました。
嵐の周りの状況が変わったのと同時に、わたしの周りの状況も変わっている模様です^^
というわけで、5人でドラマだってよ!!!すげーな!!!やったね!!!
さいきん、こっそりピカンチブームが来ているわたしとしては、5人でお芝居だなんて楽しみすぎて潮吹きそう><><
みんな複数の映像作品の撮影を並行することになりそうだし、
5人でドラマが出来るなんてほんっと凄いことになったなとも思うし、
いろいろ考えることはあれど、もう、そういうの取っ払って。
純粋にたのしみだよ!!!だってあの5人がサスペンスってどういうこと!!!
なんでHADAKAなのかもまったく分かんないし^^^^^^
しょうさんの頬がまたこけちゃうんじゃないか…?ってことはぷっくり翔さん大歓迎のわたしとしては不安ですけど、でも彼らの体調管理に対して心配になることなんて何にもないので。
とりあえず発売されるであろうDVDにメイキングが付いてくれればオールオッケー☆です。



そして11年目第一弾シングル!
マイガールも時計じかけのアンブレラもスーパーフレッシュもだいすきで、10日からはこの3曲しか聴いてません。(まがお)
で、時間がすこしでも出来たらPVとメイキングの再生ボタンを押す毎日です^^

♯マイガール

もはや、嵐×多田は鉄板ですね…☆
タイトルが「マイガール」以外に考えられないくらい、ドラマにぴったりだなーと何度聞いてもおもう。
たぶん、この先もずっと、この曲を聴いたらまさむねくんとコハルちゃんを思い出すんだろうなあ。
いままでも曲を聴けばドラマを思い出す曲はあったけれど、そんな曲があいばくんのドラマで生まれたってことが嬉しい。
やっぱりメロディが好きです。切なくて爽やか、これさえあればわたしをオトせます。ちょろいもんです。(…)
あとこれは初めて聴いたときからなんですけど、ごめんなさい、しょうさんのソロがだいすきです…(悩)(謝ったり悩んだりしてるけどこれでもしょう担です)
もう笑われたっていい。ポップスを歌うしょうさんの声はホワイトチョコレートよりも甘いとおもうんだ!!!
あとはあいばくんのソロの「ぜんぶ」の"ぜ"の歌い方がすき。


♯時計じかけのアンブレラ

わたしはさとしのビブラート担なんですけど、もしかしたらわたしの中のさとしビブラートランキング(なにそれ)で堂々第1位に君臨してしまったかもしれない。
えろい。えろいよ、さとし。これぞさとしの真骨頂。さとしの真髄。
爽やかポップスのマイガールが終わったあとに、「なんだこれ?」と思わせるようなメロディが流れてきたと思ったら、さとしのせくしーヴぉいすがだだ漏れになるというこの秀逸な流れ。鳥肌もんです。
で、ラップね^^うふふあはは^^^^^^
きょう、曲の歌詞とさくらいさんのラップ詞を照らし合わせて自分なりに解釈してみようと試みたんですけど…結果、あははは^^^^^^という感想。w
え?ええ、そりゃもうだいすきですけど。マダダメとか言っちゃうしょうさんだいすきですけど。
「ah もうだめ…」ってイヤホンから聴こえてくる瞬間はなぜか顔を覆いたくなる衝動にかられますけど。^^
どんなラップでも綺麗な言葉で表現してしまうのがサクラップ!!!愛のさなぎてなに!!!
で、ラップ終わりからサビまでの流れがめっちゃくちゃすきです。
つーか、にのみやさんの歌い方がまたえーろーいーよー><><くそう…。
これをライブではやく見てみたい。どう演出するのか気になる。


♯スーパーフレッシュ

すきすぎる。すきすぎる。すきすぎる。
もう3回言っちゃうくらい、すきすぎる。(あ、4回)
すごくシンプルだから、だからこそより曲のメッセージが伝わってくる。
つーかもうこれに関しては、謝ることも悩むこともせずしょうさんの声がだいすきだと大きな声で言いたい。VIVA低音…!!!
なんか、すごく歌い方がやさしいよね。だから聴いてて心地いい。
あらしっぽくない曲だけど、声の重なっていく感じが妙にあらしっぽくて、すきだなー。
「with music」「いつも傍にはmusic」
さいきん、わたしが嵐についておもっていること。
例えばもしあらしが、お芝居するだけのグループとかバラエティやるだけのグループだったら、わたしはきっとこんなに好きになってはいないんだろうな、って。
あらしの土台には、いつも歌があるから。
にのみやさんの声がシンプルに響くソロのあと、「いつも傍にはmusic」で5人の声が重なって曲が広がる瞬間が最高にすきです。
11年目の第一弾シングルにこういうタイプの曲が収録されてることに凄く意味があるなあとおもいます。まさにスーパーフレッシュ!
ちょっと聞いたんですけど、HIP HOP用語で「フレッシュ」という言葉があるようで…?
曖昧なので意味は書かないですけど、わたしが聞いたその用語の意味もこの曲にぴったりだなあとおもいました。




ほんとバラエティに富んだ3曲!
つくづく嵐っておもしろいよな、とおもいます。
わたしは、嵐の音楽に対する挑戦を、忘れてほしくなくて。
だから、全くタイプの違う3曲が1枚に収まってるこのシングルが、11年目の第一弾シングルで良かったなーと。
またこれからの音楽に、純粋にわくわく出来たから。
11年目も、「攻め」た音楽を期待してます!!!




*web拍手
いつも拍手ありがとうございます☆☆







嵐[CD&DVD..etc*] 22:01 comments(0)
スポンサーサイト
- 22:01 -
COMMENT









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
WEB CLAP
ARASHI PEOPLE
DRECOM
PHOTO
ブログパーツUL5
COUNTER
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS