dreAm boat


grant a dreAm wiz u .
<< ARASHI Anniversary tour 5×10 0926@大阪 | main | 過去と今日のコントラスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- -
ARASHI Anniversary tour 5×10 0926@大阪




さきほど、やっと!やっと!!!
クイズショウのDVD BOXを某アマ●ンでぽちっとなしました^^
金欠学生なraimuさん、映像作品はあんまり手を出さないようにしてるのです。
だけどままんに誕生日プレゼントってことで買ってもらえることに・・!!!
(※raimuの誕生日は6月です…☆)
ヤッターマンも買おうとおもってたんだけど未だにDVDとブルーレイで悩んでいるため保留(…)
将来的には絶対ブルーレイ買ったほうがいいんだろうけど、
ブルーレイならどうせいま買っても見れないんだし急いで買う必要ないじゃん!みたいなw
でも、コメンタリーの評判が良いのでうずうずしています><><
というかわたしは早くキャッツのDVD BOXを買ったほうがいいんじゃないのかな(…)
はー、これでHDD内のクイズショウをがっぽり消去することができるわ(そこ?!w)
いまHDDの容量、70時間くらいまで増えたよ!^^





さ、OSAKA感想の続きを!



 


◇とーまっどーいなっがーら

しょうさんソロ、直立不動でガン見してました…☆
それもさくらい担3人とも、おんなじ格好でガン見www
この日はAメロ途中でフードをはずす。
やっぱり、ラップがないメロとダンスで勝負したのがある意味、成功だったのでは。
わたしはラッパー櫻井翔がだいすきだけど、あえてそこを外したこのソロがすきだなー。
やっぱり嵐のラップ担当としては、ヒップポップで出し切った感はあったもんね。


◇じゅんさま

じゅんさまは相変わらず無敵で素敵でいらっしゃいました。


◇僕が僕のすべて

冒頭の「もし僕があの日…」のところ。
おもわず、しょうちゃんのことを見つめてしまった。
そのときのしょうちゃんはとてもいい顔でわらっていて、ファンに向けてきらきらした姿で手をふっていて。
そのとき…「あらしがあらしで良かった」って、ぼんやりおもいました。
わたしがなんでこの曲がすきなのか、何となくわかった気がしたよ。
この曲をうたう5人の姿がやさしくて、このとき会場を包み込む雰囲気がやさしくて、
とーってもあたたかい気持ちで5人のことを、感じていました。

曲後半はメインステにMNS、バクステにAOに分かれてダンス!!!
このフリがかわいくってわたし好みだったんですが振り付けはどなたですか?(笑)
わたしはバクステ側を見ていたんだけど、途中ふたりが近づくところがあって…
そのときのふたりがマイナスイオン全開で笑い合っていてほっこり。


◇Attack it!

ぼくぼくで感傷に浸っていたら、キターーーーー(゜゜)!!!!!
やっぱりこの曲は回数を重ねるごとに楽しくなる。
つーかこの日は「安心な男子」のあいばくんが最強でした。
ヒィイイイイイイ><><><って感じで危うくご懐妊しそうでした(やめろ)
このときムービングが交差するのかな。
外野の言葉はシカトする!のときにMNS側のムビステがバクステ側にくるもんだから、
わたしたちのHA!HA!のときのテンションの振り切れ具合が異常でした。w
そしてjump!jump!のリズムがとれないさとしとまさきがかわいい。


◇truth

暗く落ちた、赤みがかった照明に浮かび上がる5人のシルエット。
そのダンスを真正面から受け取れることは、これ以上ない贅沢でした。
ほんとに…息を呑むってこのことを言うのか、って。
目に映っているそれがあまりにも、でペンライトを振ることも忘れて見入りました。
やっぱりこの曲の間奏がすきだな。
間奏のあいばくんとかかっこよすぎて目がくらんだよ。本気で。
やっぱりこの曲は、踊ってなんぼ!!!!!!


◇明日の記憶

今回はビジョンじゃなく、5人の歌う姿と歌声に全身を向けるんだ!
って決めていたので、双眼鏡を準備。
…だけどわたしたちの位置からはメインステの5人を双眼鏡で見てもよくわからずで(笑)、
即 双眼鏡を置いてこの曲の世界観に浸ることに専念しました。
そしたら隣の友だちもあたしと全くおんなじことしていて、後々ばくしょう。w
やっぱり…この歌詞とあの演出をかけあわせたことに意味があるなあって。
何度見ても、さいごに浮かび上がるあの「嵐」の文字にはうるっとしてしまいます。


◇魔王

10周年を振り返る映像、
「正当防衛による無罪を主張します」の魔王が大人気でした。
ひときわ目立つ大歓声がおきていて。
国立ではどのセリフも同じくらいの歓声が起きていた気がするので、
やっぱりここ最近の魔王人気というのは凄いんだな、と改めて実感。


◇スケルトン

ドームサイズでスケルトン衣装…ちょっときついね(笑)ww
あいばくんとにのみやさんがバクステのほうにきたんだけど、
あいばくんあの白いパンツ?みたいなやつの下からほんとのパンツ(スパッツ?)がお目見えしてましたー☆
そういうの、わたしみたいな変態は見逃さないんだから気をつけてね>あいばくん(なにそれ)
しょうちゃんがメインステのセンターステのあいだの花道で、半ばヤケっぽくw、しゃかりきダンスしてました。
さいごはMOS3人がちくBを隠してにっこり笑顔。さいこうだぜ☆


◇にのあい

今回、きみぼくのにのあいはちゃんとにのみやさんの声も聞こえた!
過去3回あいばくんの声しか聞こえなかったので(笑)
なんか途中じゃれてた気がするんだけど・・なんだっけ(劣化する記憶part2)
もー、にのあいってばかわいいんだからっ><><


◇ナイス

国立のときは踊る5人があんまり見えなかったのでしっかりチェック!
バックに映るPVも相まって、かわいさ120パーセント。
(raimuさんはナイスのPVがだいすきです^^)
やっぱりこういうアイドルっぽいあらしって、いいよね。
こういう挑戦したアイドルポップな作品、わたしは待ってるよ(話逸れた)


◇きっと大丈夫

バクステでがっつりダンス き!た!こ…れ……(瀕死)
やっぱりバクステ真正面なこの席は素晴らしいということをこの曲で再確認!
あんなかわいい5人組がこの世に存在していいんだ…って本気でおもった(痛)
アリーナ側を向いて踊るときは、スタンドから見ると後ろ向きになるわけで。
このサビのダンスを後ろ側から見ると、かわいさが200%くらい増すということを知りました。
みなさん、死ぬまでに一度はこの曲をバックから見ることをオススメします(…)


◇ラブソ

上手外周トロッコにAM、下手にNOS。
もういちいち言うのもアレだけど、相変わらず間奏の飛行機ぶーんがだいすきなSくん。(笑)
普段あんまりやらないさとしくんも、乗っかってやってたよー!めっちゃかわいかった(´;ω;`)(泣くなよ)
聞くところによると、反対側にいたあいばくんも地味に飛行機ぶーんやってたらしい。(笑)
そして最後の「明けない夜はないよ」がこれまた相変わらず全力なNS。…とわたしたち3人(爆)
ほんっとお祭りばか騒ぎがだいすきなひとたちです(笑)


◇男前にーの

曲冒頭、いきなりにのみやさんが客席を煽って!
「ラストスパートだぞ!たんねえぞ!まだいけんだろ!」つって…!!!!!
(いきなりの出来事にテンションが上がったため言葉は曖昧です)
それがめちゃくちゃ男前すぎて、にーのったらぁああああん・・・!!!ってなった。
にーののコンサート中の煽りだいっっっすきです。ちょうアガるZE!!!


◇Believe

わたし、やっぱり、この曲すきだ。
しょうさんのラップのパワーにこれまた圧倒された。
たぶんこのラップには一生、慣れないんだろうなとおもう。
何度聞いても気付かされるし、何度聞いても衝撃が薄れない。
で、ラップのあとの「僕らはずっと待ってる」のエコーがあるじゃないですか。
そのときにビジョンにも印象的な文体でその歌詞の文字が映るんですけど。
耳に入ってきたその言葉と、目に映った同じ言葉が…離れなくて。
なんか…泣けたんですよね。
この曲から放出されるエネルギーは凄いです、ほんとに。


◇挨拶

印象的で覚えてる範囲のみ。


S「ある人の言葉に、『1人で見る夢は夢だけど、みんなでみる夢は現実だ』という言葉があります。
  僕は、みんなで夢を見たい。」

O「コンサートはいいですね。怒ってる人が1人もいない。みんないい顔してます。
  またみんなの顔が歪んできたらコンサートやりましょう」

A「50になるまで振り返るな、とジャニーさんに言われました(笑)
  11年目、…年数なんて関係ないけど、またみんなと遊べたらと思います」

N「10周年おめでとう、とか、ありがとう、ってウチワをよく見るんですけど…それはこっちの言葉なんですよね。
  11年目が、勝負の年だとおもっています。みなさんと一緒に闘っていきたい。
  遅くてもまた来年までにはコンサートやりたいです。」

M「『嵐っていいな』、とか『嵐またバカなことやってんなー』とか、そうおもってもらえる嵐でいたいとおもいます。」


わたしは5人の口にする「夢」という言葉に弱いので、
さいしょのしょうちゃんの挨拶から想いが込み上げてきて…。
わたしにとってのあらしって、夢、だから。
わたしの気持ちをそのまんま言葉にしてくれた気がします。

さとしくんの、「みんなの顔が歪んできたら」っていう言葉もさとしくんらしくって。
おもわずにっこりわらいながら涙を浮かべているわたしがいました。

あいばくんが考えながら声にだした、「年数なんて関係ないけど」という言葉。
あいばくんに潜む想いがその言葉に溢れていた気がして、また泣けたんですよね。

にのみやさん…いつも言葉を選びながら、たくさん想いを伝えてくれる。
わたしたち今回、「ありがとう」と書かれたうちわを持っていたので、なおさら…
ま、わたしたちそのウチワ持ってたのなんてコンサート中、わずか数分なんだけど(笑)
でもにのみやさんにファンのその気持ちは伝わっていて。そしてそれをちゃんと言葉にしてくれた。
そして「闘う」という表現の仕方。その言葉の意味。まだ、探しています。

さいごのじゅんちゃんの、「嵐またバカなことやってんなー」っていう言葉でなみだ。
あれだね、5人にはファンの気持ちがだだ漏れで困っちゃうね。
そのときのじゅんちゃんがね、すごーくいい顔してたんだ。
もうその顔をみただけで、「嵐っていいな」って心からおもえるよ、じゅんちゃん。


◇5×10

イントロではずっと右のほうのファンのことを見ていて。
歌パートに入ったら、左にいるメンバーのほうを向いて歌うしょうちゃん。
なんど見ても、なんどその声を聞いても、やっぱり完敗です。

「この相変わらずな奴らからただ愛贈る」。
そう、メンバーを指さしてファンに歌いかけるあなたの笑顔をわすれない。

ほんとに…そこに存在するのはたくさんの愛だけだから、
わたしがこれを歌う5人を見て言葉にできることなんて、ないんですよね。
またひとつ、ありがとうが増えました。




◇明日に向かって

イントロで「何だこの曲?」「みんなこの曲知ってる?」だとか言いたい放題のメンバー(笑)
知ってるよー!つって。あれだ、この曲めちゃくちゃ楽しいんですがどうしたら!
とにかくしょうさんの壊れっぷりがひどい!ww(褒めてます)
腕振ってるあのダンスね。「はい皆さんもご一緒にー」とかさり気なく、しかも真顔で言ってるからつくづくしょうさんっておもしろい人だなとおもうよ(笑)
もちろん一緒に踊って盛り上がるさくらい担3人組(笑)
周りやってる人だれもいなかったから正直うちら浮いてたけどね!ww
「ごーごー」も可愛すぎるし、もー誰かこのひとを止めてあげてくださいww


◇きょうもKAMIYAMA

できるだけのときだったかな、イェイイェイってやってました。
どっかでなーんちゃってもやってたし、今回も絶好調でKAMIYAMA健在です。^^


◇おおきに

アンコールのハケのときかなー、
しょうさんが「おおきにー」って言ってハケてったw
そこで「あ、ここ大阪なんだ!」と遠征をかみ締めるわたしたち(笑)


◇ファイトソング

ちゃんと歌ってるひとがほぼいなかった(爆笑)
じゅんちゃんがふざけ、しょうさんが「人は人、そう!自分は自分!」とか言ったとおもえば、
さとしくんがっくらべったじってんでまけてるー♪と外れ調子で歌うもんだから、
5人ともばくしょうww次のパートのにのみやさんとかわらって歌えてないww
やっぱりこの曲、ひっでーな!!!だいすき!!!!!


◇五里霧中が楽しすぎる件

そのまんまです。
もう楽しすぎて天国はお隣って感じです(リアルに)。
きょう観に来てくれてたまるちゃんとか関西jrの子もステージに上がってたよー^^
まるちゃんが「嵐は最高だ!!!」って叫んでたw
まるちゃん、ほんっとにイイ人だねー。


◇season

やっぱり、重ね合わせて聴かずにはいられない。
5人がこの曲をラストに選んだ、その意味。
5人の想いを受け止めようと、全身全霊で聴いていました。




終わったあと友だちとも話していたんだけど…
国立はより「10周年」というのを意識していたのに対して、
ドームは「10周年、そしてその先の11年目」というのを見据えたコンサートに
なっていたんじゃないかな、と強く感じます。
5人の挨拶然り、5人のダンスが増えたこと(深読みしすぎ?)、シングル以外の選曲、など。
あるブロガーさんで「全51曲」というところに注目していた方がいて、
ああなるほどな…ともおもいました。
これで終わりじゃない、これからなんだっていう5人の想いが表れていたコンサートでした。

大阪3日目の挨拶でも、メンバーが言っていたようにね。
これが卒業式なわけじゃないから。
あいばくんが「大きな目標なんていらない。
         これからもこうやってみんなの前に立っていたい」
みたいなことを言っていたと聞いて、胸がいっぱいになったよ。
ただ振り返るだけじゃなくて。
前を向いて、またこれからも一緒に歩いていこう、
そうわたしたちに呼びかけてくれているようなコンサートでした。




*web拍手
押していただけると舞って喜びます。






嵐[Concert*] 11:29 comments(0)
スポンサーサイト
- 11:29 -
COMMENT









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
WEB CLAP
ARASHI PEOPLE
DRECOM
PHOTO
ブログパーツUL5
COUNTER
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS