dreAm boat


grant a dreAm wiz u .
<< この夢が終わるまで | main | 交点 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- -
繋がった冬の星座


二宮和也を始めとするキャストのみなさん、
スタッフのみなさん、
流星の絆に関わるすべてのみなさん、
3ヶ月間お疲れさまでした。
素敵な作品を、ありがとうございます。



というわけで、最終回の感想を。
(※すこしだけ原作のネタバレ有りです)



うん、予想はしていたけど。
朝ズバでのにのみやさんと戸田ちゃんのヒント聞いて、
予想は確信に変わりつつあったけど。
それでも、まさか柏原さんが犯人だなんて信じたくなかった。

「なんであんたなんだよ」が、苦しすぎて。
8話と9話で、柏原さんのおかげでひとの温かさに涙を流すことを知ったおにいを見ていたから。
なのに、その温かい涙は悲しみの涙に変わってしまって、
だけどその悲しみの涙が綺麗すぎたから、また切なかった。
屋上のシーンでのおにいが、3兄弟の15年間を物語ってる。
たった、あれだけの時間で、苦しいくらいたくさんの感情が伝わってきた。
もう、二宮和也ってすごいな、とかそういう次元じゃなくて。
二宮和也、って名前自体まったくあたしのなかに浮かんでこなくて、
とにかく「おにい」の溢れ出てくる感情に押し潰されそうだった。

いくら息子のためだなんて言ったって、お金でひとを殺してしまった柏原さんを許す事なんて絶対にできない。
だけど、「君たちと一緒にいたかった」ことは偽りの無い気持ちなんだろうなあと思うのね。
きっと息子と功一たちを重ね合わせてしまっていたのだって本当のことで。
切ないのは、息子の納骨の日も雨が降っていた、ってことなんだよなあ。
このへんもクドカンの伏線だったのかなあ。

泰兄が、「俺たちもう死んでるんだよ」って言った瞬間に「クドカン…!」と声に出してしまった。
まさかこんなダイレクトににのみやさんの言葉がつかわれるなんて思ってなかった。
で、これはぜんぶ「あんたには生きてもらう」に繋がるんだよなあ、きっと。
原作では、最終的に柏原さんは自殺するんだと聞きました。
ずっと、「ぶっ殺そうな」って誓い合って生きてきたのに、
死んでしまっているような状態でそれでも必死に生きてきたのに、
それじゃ、つらすぎるから。
おにいの言っていたように永遠にすっきりする日なんてこないんだろうけど、
でもその「生きてもらう」っていうおにいの決断こそ、ドラマ流星の絆の総括だっておもう。

終わったあと、エイチを読み直したのね。
最終回をみてあたしが強く感じたことは、金子監督が言ってるように
このドラマは青春群像劇であり、3人の絆の物語なんだってこと。
子どもみたいに「ぶっ殺そう」って言い続けてきたけど、
でも生きてもらうっていう決断を下せるほどこの15年間で成長したんだなあって。
もうおまえ遺族じゃないよ、っていう言葉と、
かわいそうな顔をしなくなったおにいが、
その成長を象徴してるんじゃないかなって。

おにいは、最後まで"おにい"だったなあ。
きっとこれからも、おにいは泰輔と静奈のぶんまで
痛みを背負って生きていくことは変わらない。
でも最後の「終わっちゃいましたね」の目は、
もう、死んでなかった。
新しい人生を3人で、「生きていく」んだろうな。

二宮和也のお芝居については、あたしが言えることは何もありません。
おにいからいろんな人に伝わってきたことがそれぞれがすべてで、
それがきっと二宮和也が伝えたいことだとおもうのです。

最後にしっかり笑わせてくれたのが、クドカンらしくて最高でした。
最後まで高山!最後までポストイット!みたいな(笑)
おにいとサギのハグにかなりの勢いでモエました。
お、おにい、右手・・(*´д`*)
まんざらでもなさそうなおにいが可愛すぎる。
「眉なし」には爆笑でした^^


3人にはいつまでも笑っていてほしいな。
皆さん本当におつかれさまでした!



嵐[Drama*] 19:10 comments(3)
スポンサーサイト
- 19:10 -
COMMENT

にのくんの演技
本当感動した!
たれ目ぬれせんべいも
よろしくです(._.)←



_
| やすちな | 2008/12/21 10:58 PM |
最終回とても感動しました。
にのくんの演技もとっても素敵で。
涙が綺麗で。表情創るのって難しいだろうに、
すごく上手く表現されてて。
改めてにのくんの演技力に感動してしまいました。
もちろんストーリーも感動だったんですが。
3人の絆の深さと柏原さんとの違った絆の深さ。
微妙な距離感がまた感動的で。
このドラマを通じて色々な事を吸収できたような気がします。
素敵なドラマでしたね^^
| さや | 2008/12/22 1:26 PM |

*ちな*

…ちな、とかキモチワルイなww
二宮和也のお芝居は底がみえないですね。
にしきどくんとも仲良くなって、
またさらにエイトと嵐の繋がりが増えたね(笑)


*さやさん*

二宮さんの涙には説得力があって、
発する言葉には役のもつ過去がある。
そういうふうに感じさせる役者さんって
なかなかいないと思うんですよね。
他の役者さんの演技、脚本、演出、
どれも素晴らしいドラマでした^^

| 來夢>ちな、さや | 2008/12/31 7:42 PM |









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
WEB CLAP
ARASHI PEOPLE
DRECOM
PHOTO
ブログパーツUL5
COUNTER
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS