dreAm boat


grant a dreAm wiz u .
<< AAA2008 国立公演 5日! | main | AAA2008 国立5日 レポ3 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- -
AAA2008 国立5日レポ 2
国立競技場公演、おつかれさまでした。
無事におわって何よりです。


2日目もみんなに素敵なしあわせが降りそそいだみたいで。
いろんな方の感想をみて、私までしあわせもらいました。
最後のアンコールで雨がふったのが羨ましーよー!
途中で雨だったらいやだけど、アンコールで雨だったら
むしろ大歓迎だよね、盛り上がっちゃうよね…!
そのとおりに盛り上がったみたいなので良かった。
ステージでスライディングしてあそんだりしちゃうあたり、
やっぱり変わらない5人だよね、ほんとに。
しあわせな光景だったんじゃないかなあ。


さ、どんどん感想かいていっちゃうよ!
24時間のレポもまだ残ってるので(´・ω・`)
早く国立のほうを仕上げねば!


MC後からの後半戦(アンコールはまた後日)です。


ARASHI marks
ARASHI AROUND ASIA 2008 IN TOKYO / 0905




17.風の向こうへ

翔ちゃんの紹介で、風の向こうへ。
24時間テレビでのシークレットライブ(ドラマ中の)でみたフリは、
やっぱり国立とおんなじものでした。
がんばって手のフリは真似したよー!


◇東京五輪VTR(オグさん)

「ここ国立競技場で開催された東京オリンピックですが、
 ぼくたちはリアルタイムでそれを知りません。
 なので知っている方に言葉をいただきました」

というニュアンスのことを翔ちゃんが喋ったあと、
VTRにオグさん登場。
ぜったいオグさんだと思ったよー(笑)
東京五輪のことを語ったあと、
「ここから5人が羽ばたきます」的なコメントで(←)、
嵐のVTRへ切り替わります。


◇嵐VTR

メンバーがアジアツアーのことについて語っているVTR。
全くといっていいほど内容を覚えてないんですが(…)、
潤ちゃんが「皆さんとずっと一緒にいることを誓います」と。
…ちくしょう、やられた!(笑)
あたしも、ずっと風でいることを誓います。


18.Re(mark)able

会場が暗くなって、「どっから嵐は出てくるんだ?!」な状態。
あたしの周り、みんなキョロッキョロしてて。
そしたら、開演前からあやしいと思っていた聖火台のいっちばん上に
浮かび上がる5人のシルエット…!
まさかあのビジョンの上に出てくるとは思わなくて。
ほんとうに、一番てっぺんの場所だから。
そこに見える5人の姿を見たら…もう、何もいえなかった。
聖火が灯ったときとかもう、まさに感無量で。
あの瞬間を見届けることができてよかったし、
この瞬間をむかえるときにファンやっててよかった。
そしてこれからもずーっとついてく、
そんなことをあの一瞬で思わせてくれたくらい。

あの場所に堂々と立って堂々と自分たちのことをラップする5人が、
ほんっとにかっこよくて仕方なかったんだよ(´;ω;`)
お天気予報のとき(違)、翔ちゃんだけ聖火の前に残ってラップするんだけど、
あれ…良かったなあ。
そのあとのにのみあでぶっ倒れそうでしたけど!(えろすぎるー)
そして牙を剥いちゃった櫻井さん、もう流石です。

しかも最後のサビのとこ、横の花道とおるんだもんー!
ラップしながら歩く5人は、自信に満ちてる気がしたよ。
笑顔とはまた別の、いい顔してるなあって。


19.truth

Re(mark)ableからの流れがネ申すぎる…!
ゾックゾクした。
なにこの人たちかっこよすぎる(´;ω;`)
この流れには、「かっこいい」の一言です。
炎の熱さを感じられる距離で、またしてもゾックゾク。
ていうかあれ、あたしの場所であんな熱かったのに、
嵐さんすげえなーと思ってしまったよ(何の話)


20.Step and Go

ここですてごーキタァアアアアア!!!!
こんかいは横にのびる花道を使ってダンスしてたから、
いつもは縦に動くダンスも横に動いてたりしたんです。
それが、ビンゴで。すっごいすきだった。
日々を〜からのラップが始まる前、翔ちゃんが智くんにアイコンタクトしてて。
こういうさり気ないところに愛が散りばめられてるから、すき。
ここのダンスはこの時のいつものダンスを、横一列で下手側に動くんだけどね、
それがなんか…良かったんだよなあ。


21.a Day in Our Life

あの櫻井の羞恥な腰フリを生で拝めた…!←
そのとき翔ちゃんバクステにいたから、近くて!
後ろからみるカタチだったけどそれはそれでよかった(変態)
あと、レスポのときイヤモニを外してたのが印象的。
このときも5人は散らばってます。
ほんとに、よく動き回ってくれてたなあ…。


22.Tell me what you wanna be?

潤ソロ、まさかのテルミー。
これは国立って会場を意識しての選曲なのかなあ。
(野外はロック調があうし、バンドもいたもんね)
でも前回のアジアツアーもテルミーだったから、また変えるのかな。
あのレスポがまた出来て嬉しかったー!
テルミーのレスポ、ノれる感じがすきなんだよね。
ギターに向かってえろっちいMJ、健在。


23.イチオクノホシ

この曲をライブでやる日がくるなんて思ってなかったよ!
メインステで歌ってたんだっけな?
残念ながら星空ではなかったけど(笑)、
でも野外できくこの曲は気持ちよかったなー。


24.シリウス

中央の円形ステージで。
あたしの周りは揃って、「あああキタよ…」って雰囲気だった(笑)
屋内でやるよりも、野外のほうが絶対にイイね、この曲は。
完全に夜が暗くなってから見るあのペンライトの景色は、
きっと一生わすれないんだろうな、って思う。
初ドーム、それも3階席からみたときも思ったけど。
だけど、そのときはちょっと違う感覚で…
ただ綺麗っていうんじゃなく。
ずーっと見ていたい、感じていたい、って思った。


25.Hip Pop Boogie

円形ステージから櫻井登場。
サビのラップを音なしで、噛みしめるように言う姿が印象的でした。
Rock the worldまで言ったあと、音が流れ出します。
(Rock〜の発音が綺麗すぎてびっくりしたわ)
C&Rは、セイ う!あ!う、うう、あ!
ダンスはナシ(最後すこしあったかな?)で、間奏はずっとC&R。
サビも、EverybodyまではC&R。
なんかね、ドリアラのときよりも楽しくて楽しくて。
(もちろんドリアラのときも楽しかったけど!)
ドリアラ以上に、Party感が強かったのかなあ。
こんなゆっくりで〜のところ、やっぱりグッときて。
翔ちゃんの目から、嵐の目からみて、
いまの景色はどう見えてるんだろうって思ってね。
国立競技場でこの歌をうたうってことに、こめる意味は大きかったんじゃないかな。
やっぱり櫻井翔はあたしにとって最強すぎる。


26.theme of Dream”A”live(メンバー紹介)

バンド、ジュニア、MAD、嵐の紹介。
ドリアラのときとパフォーマンスは変わらず。
(でも雅紀だけ違った覚えがあるんだけど…誰か情報ください←)
櫻井紹介のときの5人がやっぱりだいすきだ!
なんで5人が集まると、一気にあったかくなるんだろ。
不思議なくらいしあわせになれる。


27.A・RA・SHI

待ってましたー!と会場は一気にヒートアップ!
あんなに多くの人たちで、この大切な曲を歌えたのが、
すーっごい嬉しかったんだよね。
この曲の最後を合唱してるときが一番、「コンサート」を実感するのかも。


28.PIKA★★NCHI DOUBLE

その合唱が終わって流れるピカダブのイントロ。
もう、 泣 か す な ! ←
このタイミングでこの曲、胸がいっぱいでした。


29.明日に向かって吠えろ

手ー挙げろー!であたしもう、壊れるかと思ったよ!
それくらいテンション振り切った状態で、もう、
とにかく楽しくって最高だったー!


30.One Love (1時15分ごろ追記)

最後は中央ステージで。
とにかく、風船がすごかった。
すごい数の真っ白な風船が、
空をずーっと飛んで行って。
見えなくなるまで、ずーっと見てた。
そのとき、いまココにいる人たちがみんな、
同じものを見てるんだなーって実感して。
ペンライト同様、あの景色はずっと忘れない。
今まで見たなかで一番きれいな空だったよ。
ラララ、のときの一体感とかも半端じゃなくて!
最高のラストでした。

さっきOne Love聞いたら思い出したんだけど←、
2番のサビのときに中央ステからメインステに戻ってったんだけどね。
5人でしっかり、肩を組みながら歩いていきました。
その一つになった後ろ姿がまさに、「嵐」で。
ずっと一緒に歩いてきた、仲間たち。
そのとき顔は見えなかったけど、でも確かに笑っていました。
ああ、だからすきなんだよなあ、って。










嵐[Concert*] 17:24 comments(0)
スポンサーサイト
- 17:24 -
COMMENT









CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
WEB CLAP
ARASHI PEOPLE
DRECOM
PHOTO
ブログパーツUL5
COUNTER
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS