dreAm boat


grant a dreAm wiz u .
<< 国立5日終了! | main | AAA2008 国立5日レポ 2 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- -
AAA2008 国立公演 5日!


ARASHI marks
ARASHI ARUOND ASIA 2008 IN TOKYO .




しあわせな、しあわせな時間でした。



会場にいた、ということだけではない、
あの瞬間に居合わせられたということ。
誇りにおもいます。

人が欠けることのないスタンドをみたとき、
今までに感じたことのない想いが込み上げてきて。
圧巻、という一言が当てはまるような。
物理的な広さがあるのはしょうがないけど、
でもマイナスな"広い"気持ちは1秒も感じなかったんだよ。
ただ、こんな場所にたつ5人をみれることが、
心からしあわせで感動してしまった。


時間とともに変わっていく空の色が、
たまに肌に感じるやさしい風が、
いままでに見たことのない数の光の海が、
そこに響き渡る7万と5人の声が。

ほんとうに、素敵でした。

あの空間にいたみんな、
すごくすごくいい笑顔をしてたのね。
なみだが出そうになるくらい、
さいっこうの笑顔だったんだよ。

嵐のファンへの想いと、
ファンの嵐への想いが、
同じ方向をみて繋がった。
そんな、コンサートでした。

と!に!か!く!
楽しかったぁあああああああ!!!!!




前置きはこれくらいにして(長い)、
これから曲ごとの感想(レポもどき)を書いていこうかと(^^)
またいまみたいに語るときがあると思いますが、
くどくて長くても見捨てないでね(笑)(…)


では追記より、まずMCまでの前半戦を!









あたしの席は、アリーナ・バクステ側の中央花道横の、
まあ言ってしまえばかなりの良席で…!
花道にきてくれたら7メートルくらいの近さで
キラッキラした5人を拝ませていただきました。
そんな席からみた視点でかいています。



01.Love so sweet

いきなりラブソかよぉおおおお!みたいな。(笑)
あたし今までにないくらいのテンションの上がりようだったかもしれない。
中央ステ(メインステよりもこっちがメインな感じ)もわりと近かったので、
そこからせりあがって来た嵐みて「キタァアアア!」つって(笑)
会場のボルテージもMAXと言っていいくらい、揺れてました。
潤ちゃんソロ時うしろの4人は、投げちゅーの指差しver(伝わる?)


02.Oh!Yeah!

とりあえずブチ上がりすぎて記憶ない(爆)
こんなに楽しくていいのか、って2曲目ですでに思った。


03.きっと大丈夫

ラップあったっけ…?
バクステに智くん!ち、近い…orz
ここで挨拶。

潤「最高だーーー!」
 (この言葉が嬉しくてこれしか覚えてない)
和「いらっしゃいませ!
  アジアツアーの始まりだぞ!」
 (言ってなかったらごめんなさい)(えええ!)
雅「盛り上がってんのぉおおお?!(いつもよりダミ声/笑)」
智「はぁーい!最後の夏祭りしようぜ!」
翔「調子はどうだ!スタンドー!アリーナ!言えよあらっしー」


04.La tormenta2004

えええ、もうトルメンタやっちゃうの!っていうのが感想(笑)
最初のほう、ノンストップ加減が半端なくて!
中央円形ステージから十字に花道がのびてるんだけど、
ちょい上手よりのところに翔ちゃん、下手よりに潤ちゃん。
翔ちゃん紹介後にボルト選手のまね、
智くん紹介後に釣りのポーズ(笑)
櫻井ボルト、生でみれちゃったよ!(実は嬉しい)


05.Happiness

怒涛すぎる。
この曲で、ムービングで外周まわってました。
ムービングをどうやって使うのかと思っていたら、
トロッコ代わりか!…まんまとやられました(何)


06.ハダシの未来

ムービングには乗ったまま、バクステのほうで。
手あげるタイミング、元に戻ってましたー。
がっつり2番目にあげられて少し嬉しい來夢さん(笑)


07.アオゾラペダル

いつもなら最初のメドレーが終わったらとりあえずハケるのに、
今回は5人ともハケることなくアオペダをやったのが何か新鮮で。
今回のセトリは、いつもの作り方とは違うところが多くて、
このときだけじゃなく前編とおして新鮮でした。


08.Hello Goodbye

フフフフードを被ったまさきがあんなところに…!(要するに近かった)
思わずまさき担の相方とふたりで「かわいいぃいい…!」と撃沈。
フードを手で押さえてるのとかそれをとる瞬間とか可愛すぎる。
で、最後のナナナ〜のときがいつものあのフリではなく。
なんだか笑ってしまうような可愛さのフリをやってて(笑)、
またしても「かわいー!」とあっさり撃沈なふたり。
それにしても声がかすれてたな、と思うのはあたしだけかな?
あれは最初とばしすぎたのか、お疲れなのか、マイクの調子が悪いのか、
それともただ単に泣きそうだったのか、わからないけど。


08.素晴らしき世界

国立できく、あの空の下できくこの歌は格別でした。
アコースティック風にアレンジしてあって
(というか今回はバンドだからどの曲もすこしアレンジ調)
メインステでうたう5人をただずっと見つめてました。
相葉ソロのときちょうど相葉が登場で、会場「おおー」って(笑)
このときにまさきの声、すきだったな。何だか。


09.とまどいながら

このときくらいかな?
オレンジ色の空が、だんだん暗くなりはじめて。
素晴らしき〜からつづくバラードメドレーと空がすごく合っていて。
こんな空の中でのコンサートで、野外ってことに感動した。


10.Still...

まさかこの曲をうたうなんて…!
この曲には自分自身の思い入れがあって。
「曲をきくと、きいてた時のことを思い出す」ってよくいうけど、
それがあたしにとって一番あてはまるのがこの曲で。
だからいろんなことを思い出してたら、泣いたよね、うん。
あの場所でこの曲がきけてよかった。
この曲の言葉を噛みしめることができてよかった。


11.Luckyman(8時40分ごろまで抜けてました、すいません…!)

櫻 井 が 目 の 前 に !
いつもは止まらない花道なのに、
目の前で櫻井が止まってくれたぁああああ!
男前すぎて眩しすぎて直視できなかったよ真剣に。
ていうか足ほそすぎだし、しかもこのとき腕でてたし…!
嬉しすぎて、あたしの顔は悲惨なことになってたとおもう(笑)
あー、キラッキラしてたなあ。

で、ここでソロダンスがあったのかな。
潤→翔→雅→和→智の順(だったような)
ここで雅紀がWSでおなじみ、ズボンが破れて(あたし気付かなかった!)
にのみあがバク転したはずみでずってーんといき。
正直、にのみあが転んだときは本気で心配したよ…
しょーちゃんのこともあったからさ、やっぱり。
「だいじょうぶ?!」っておもわず口にだしてしまったけど、
その直後の彼は恥ずかしそうに笑ってて一安心でした。
ケガとか、ほんとうにだいじょうぶだったのかな?


12.Take me faraway

最近あたしにとって智くんって、「美」なんですよ。
今回はじめてイスのダンスをちゃんと見れたんだけど、
(ドリアラのときは少し遠かったからね)
もう美しいなあっていうため息しか出なかったよ。
智くんの美声をききながらあのダンスをみてると、
おもわず息するの忘れそうになるんだよね(本気。)
ペンラをふるのも忘れて見入っちゃったよー。


13.虹

真っ白のピアノに、黒縁メガネのにのみや登場。
メ ガ ネ キ タ 。
横アリだけにしか行けなかったTimeでは、
黒縁メガネを生でみることができなかったので。
それが嬉しかったよね(笑)
国立でやるのには、この曲選んで正解だよなあ。
みんなでラララが歌えてうれしかった。


14.スマイル

リフターにのったりして、会場中に散らばってましたー。
「熱い夏にしよう」って歌詞が胸にどーんってきたりして。


15.WAVE

国立でもWAVEやっちゃったよ!
スタンドのみんなでWAVEを作り上げていくそれだけで、
感動しちゃうんだから不思議だよねえ。
翔ちゃん、アリーナが何とかって言ってたと思うんだけど、
言葉がよく伝わらず、曖昧で(時間なかったからね)できなかったんだよね。
アリーナも、ってもし言ってくれてたんだったら、
応えてあげたかったなー…ごめん翔ちゃん!


16.CARNIVAL NIGHT part2

WAVEでバクステに5人が集まったから、バクステで。(そのあとセンターに移動)
イコール、近かったってことです^^←
にのみやが「キタキタ」って言ってるとき横の花道にいて、
表情がよく見えたんだけど…ほんっと「キタキタ」って感じの笑顔で。
それ見てあたしも、「キタキター!」って(笑)
やっぱりこの曲は楽しすぎるよね、つって!
まさにお祭り的な盛り上がりでした。





とりあえずアップしまーす!

いまごろ二日目も盛り上がってる頃かな、
日本公演ラスト、さわげーーーーーー!




嵐[Concert*] 19:25 comments(0)
スポンサーサイト
- 19:25 -
COMMENT









CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
WEB CLAP
ARASHI PEOPLE
DRECOM
PHOTO
ブログパーツUL5
COUNTER
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS