dreAm boat


grant a dreAm wiz u .
<< さすが松本様 | main | VS嵐 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- -
振り返ってみるといやに短期間

昨日のGRAのしょちんの寝顔に萌えまくり來夢です(*´д`*)
なんだあの顔!なんだあの寝方!
どっからどこまで可愛すぎだろオマエ!!!!![全力

さてと、ワタクシゴトで恐縮ですが[誰
中学校3年間を嫌でも振り返ってみようのコ−ナ−(●´・ω・)★
[何それっていうツッコミはナシの方向で。

ちゃんとね、ケジメね。
これ書いたらちゃんと、前向きます。
交点の先へ歩いていきます。はい。





今までは、学校なんてめんどくさいって思ってたけど、
終わった今は学校に行きたくてしょうがない。
あの廊下で、あの教室で、みんなの笑顔にあいたい。
辛いことも悲しいこともたくさんあった。
だけど、何だかんだ言って…
あの学校が大すきだったんだな、って思う。


まずは1年生のときから。
今のあたしから見れば、ほんとに幼いなって(´っω・*)
後悔してることもたくさんある。
あの頃と今じゃ、考え方もかなり変わったな−。
「つまんないな」「楽しいな」くらいしか考えてなかった気がする[爆
でもね、この時はこの時で結局楽しんでたんだと思うけどね。
最後のほう、休み時間に毎回ゲ−ムしてた記憶あるな (´・ε・`*)))))

2年生。
これが、大変だった。
本気で学校に行きたくなくなった時期。
友情関係も、部活も、恋も、全部いやになったの。
いやになった…っていうか、ボロボロだった。何もかも。
みんながある1人の子を嫌いになってって、
でもあたしはその子のことが嫌いじゃなかった。
あたしがもうちょっと大人だったら、ちょっとは違う状況が出来てたのかなあ。
ただ、あたしも嫌われたくなくて、
それだけを必死に頑張ってた気がする。
でも…今だから言えることなんだけどね、コレは。
嫌われてた子とも、いまでもすっごい仲イイし、
その時いろいろあった友達とも普通に接してるし。
こういう事があったから、いま、大切って胸をはっていえる友達がいるんだと思う。

そういうことに部長の辛さも加わって、
恋関係でもすっごい複雑なことがあって、

よく過ごして来れたな、って今ではちょっと思う[笑
でもそれは、いつもあたしの悩みを聞いてくれる人がいて、
いつもあたしに幸せをくれる5人がいたから、かな。

そして、3年生。
1学期は、友情関係でいろんなことがあった。
たぶんあたしの存在で、ある2人の子には迷惑かけたなって思う。
きっと一緒にいたかったはずなのに、ほんとごめんね。
でも、この1学期はあたしにとって大事な期間だった。
2人とも仲良くなれて、すっごく感謝してるんだ。

2学期の初め、ある出来事がおきた。
生きるということ、死ということ、命の尊さ。
たくさんのことを教えてくれた。
最初はそのとき起きてることが理解できなくて、
だけど家に帰ってきてから【Still...】聞いて、1人でワンワン泣いた。
きっと一生忘れないし、忘れちゃいけないこと。
1秒を、1日を、大切に生きていこうって思った。

体育祭の日の夜。
いろんなことが変わった日。
ちゃんと話すのも初めてくらいだったのに、
何故だかわかんないけど一緒に話し始めて、
話し始めたらとまらなくって、
いきなりお泊りとかしちゃって、
そこでみんなで泣いたり笑ったりして。
この日がなかったら、今のあたしはいないって言い切れます。

学校が楽しいって、心から思えるようになった。

合唱コンは、大事な大事な思い出。
本番までいろんなことがあって、やっぱり辛くて。
でも、本番の日に舞台裏で円陣くんで、
泣きながら歌ったことは絶対に忘れない。
みんなで1つの目標に向かって努力して団結することって、
なんて素敵なことなんだろうって。
言葉では言い表せない、なにか大事なことを知った気がするよ。

それからはずっと受験との戦いだな(´っω・*)
勉強は大変だったけど塾は楽しかったし、
学校もすっごいすっごい楽しかった。

卒業したいま思うのは、
大事な場所だったんだな、ってこと。
あたしが思ってた以上に、
あたしはあの学校がすきで。
あの学年で集まるあの空間がだいすきで。

あたしの誇りだ、って心から言えます。

学校、先生、友達、
みんなみんなありがとう。
本当に本当に、ありがとう。

これは別れではないから。
いつか交点の先で会えること、楽しみにしてるからね。



戻れるはずも無い日が愛おしいよ
でも明日も僕達を待っている
どこへだってまだ行ける

Still.../嵐


來夢[Days*] 14:41 comments(0)
スポンサーサイト
- 14:41 -
COMMENT









CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
WEB CLAP
ARASHI PEOPLE
DRECOM
PHOTO
ブログパーツUL5
COUNTER
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS