dreAm boat


grant a dreAm wiz u .
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- -
愛の言葉しか本当に何にもないの



しょうくん、28歳のお誕生日おめでとう!!!!!



やまっこカラーの28のろうそくです。いちごが4つしかないのがすこしさみしいけれど、クリームがさくらいしょうのあの可憐なお顔のように甘くて、おいしかったからよいのです。お祝い、家族がっつり巻き込んでやったぜ!!!ブギー流しながらハッピーバースデー歌わせてやったぜ!!!まんぞくまんぞく^^


わたしね。あいばくんのお誕生日のとき歳の数だけ好きなところを挙げてみよう!ってことで27コあげた記事を書いたんだけど、で、それをしょうさんのときもやろうとおもったんだけど…できなかったんだよね。たぶん、ただ単純にしょうくんの好きなところつらつら挙げていけば軽く宇宙の星の数くらいにはなるんだけど(お誕生日だし許してやって)、その「単純」がなぜか出来なかった。そんなじぶんを知ったとき、ああやっぱりわたしってしょうくんのことすごい大事なんだなーっておもったのです(いや、あいばくんのこともすげー大事だよ!!!ほら、しょうさんってわたしの俗に言う担当ってやつだし!!!←必死)。
こんなことは誰だって分かってる宇宙の真理だけど、しょうくんってかわいいじゃん。うん、盲目だってことは知ってるし言われたってかまわない。ほら、しょうくんってかわいいじゃん(だいじなことなので2回いったよ)。うれしいときは思いっきりまゆげ八の字にしてわらうし、ときにメンバーのことを母のような目で見守ってるし、加減が分からないとかいうくらい一生懸命だし(おばかなことも)、はんけつ出しちゃうSHOW和なキャスターとか振り幅ひろすぎだし。17の小娘に「しょうくんったらかわいすぎるんだからあ、まったくこまっちゃう><」とあくまでまじめに言わせてしまうほどのかわいさなわけです。で、わたしが櫻井翔のなにがすきって。こんなにかわいいかわいいしょうくんは、実は野心まんまんなんです!ってところなんですよね。もちろんかわいいしょうくんだいすきだけど、でもいつまでも心のどこかにある尖った部分はなくさないでほしいなっておもう。「外野の言葉はシカトする!」って大観衆の前で言ってしまえる、そんなさくらいしょうがすきです。
そしてやっぱりアイドルであること。いつかの記事で彼の仕事についてわちゃわちゃ書いたこともありましたけど、そしてその想いは消えたわけじゃないですけど、でもやっぱり櫻井翔ってアイドルなんだよねー。当たり前だけど。でもその当たり前がわたしにとってはちょうちょう重要なのです。ほら、しょうさんってじぶんのことより人のことっていうところがあるでしょう。じぶんのことよりあらしのことだったり(これは他4人もそうなんだけど)。だからあらしの今後は?って聞かれて答えられても櫻井翔の今後は?って聞かれても答えられなかったり(ってこの前Oneのメイキングを久々に見たときにおもった)、しょうさんにとってラップってだいじなツールなはずなのに「嵐」にとってのラップの必要性を考えてたり(@エイチ)。さくらいしょうの根幹には嵐があってアイドルがある。これだってわらっちゃうくらい当たり前のことかもしれないけど、そんなことを彼の言葉や行動の節々から感じるから。もしかしたらいちばんアイドルというものから遠いところにいたしょうさんが、アイドルとしてアイドルの概念をくつがえしていく姿を見ていたいとおもうのです。だからいくつになっても、わたしたちにアイドルがどれほどか見せ続けてやってください。

見てるこっちが息苦しくなるくらいお忙しいしょうさん。「休ませてあげて><」とか言いながら(実際もそうおもってるけど)、なんだかんだわたしはそうやって忙しくしてるしょうさんがすきだったりします。だって、こんな忙殺されてもおかしくない日々のなかで、まんまるオメメをあんなふうにきらっきらさせてるひと、しょうくんしかいないもん。がんばってるんだなあ、っておもって勇気づけられてるから。だから、がんばれ。わたしは、あくまでわたしはね?がんばってる人に、「そんなにがんばらなくていいよ」とは、やっぱり言えないみたいです。だから28歳のしょうくんも、みんなから愛されるという意味での"トップ"になる夢のために、がんばってね。お誕生日のときは毎回、「しょうさん愛されてるなあ」っておもってしあわせになるのがわたしは嬉しいよ。28歳のしょうさんも、たくさんのひとに愛されてわらっていますように!


普段はほとんどこんなこと言わない(とおもってる)し、だからしょう担にあまり見られないわたしだけど、でもきょうは大声で言ったる。誕生日ということとデレ期だということ、このふたつの力が合わさればこわいものはなにもない。




しょうくん、だいすきです!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!







*web拍手





嵐[Special*] 22:48 comments(0)
てんしのおたんじょうび



きょうはうちのてんしが27歳を迎えたというなんともおめでたい日です。
そんなわけで、お友だちブログの企画に乗っかってあいばくんのすきなところ27コ挙げてみました。
でもあいばくんのすきなところを27コに絞ろうなんておもったら頭を抱える事態になることは目に見えていたので、26歳のあいばくんのすきだったところを27コあげてみました。
でも26歳のあいばくん≒2009年のあいばくんなわけで、2009年はあいば大放出な1年だったわけで、あんなあいばくんやこんなあいばくんがあっちこっちに大量すぎて逆に思い出せず頭を抱えるという事態に陥りました。HAHA…。
でもそれってなんてありがたいことなんだ。26歳のあいばくん、ほんとうにいろんな顔を見れた気がします。
では、27コつらつらとどん!!!



○体まるごと使って一生懸命お手ふりするところ
そんなあなたを上のHO!で見つめながら体ちぎれるんじゃないかなこの人っておもってました。
手を振るのにそんな一生懸命になる人はあなた以外に見たことがありません。

○安心な男子ぃなところ
言わずもがな。

○ありがたいことです なところ
2009年の相葉雅紀、もとい26歳の相葉雅紀を実によく表した一言だとおもいます。名言。

○ももに雅紀にぃにって呼ばれるところ
ももかの初恋を奪った雅紀にぃに。罪な男です。

○ブラッドピット/ウォンビン/相葉雅紀 の字ずらが最強なところ@CUT
このふたりのカタカナ表記に負けない、というかむしろ勝ってしまっているこの名前のかっこよさったらない。
なのに「あいばまさき」ってひらがな表記にするととたんにかわいくなるところがこの人のすごいところです><

○エプロン似合いすぎるところ@グリーンフィンガーズetc
マイガールのエプロンもすきだったけどコリンのあのエプロンはずるい。だって足長いんだもん。

○にのみやさんのことを「可愛い」って言うところ@会報
もうほんとに、にのあいってなんなんでしょうね。
(にのみやさんの重たい)愛のかたまりですかそうですか。

○26歳の1年ちょう忙しかったはずなのにずっと笑ってたところ
これは毎年毎年そうですけど、誕生日にこの1年のあいばくんのことを思い出すとき、さいしょに思い浮かぶのはあの眩しすぎるほどの笑顔です。
なんだかそのときほっとするのです。

○ひまわりのように太陽に向かって咲きます、って言えちゃうところ
まぶしい。あいばまさきがまぶしい。

○じゅんちゃんのちょっかいに付き合ってあげるところ@マイガPV
26歳のあいばくんも、じゅんたすのお兄ちゃんしてくれてありがとうございました。

○見事に◇なお口@マイガール(ってか常に)
あのときの口はわすれられない。

○おしゃれで、たぶん自分自身もそこにプライド持ってるところ@ちゃん
わたしにとっては前者よりも後者のほうがだいじです。

○子どもたちとけんけんぱしてるときのきらきら具合が半端ないところ@auCM
なんで大人の男性がけんけんぱしてる映像でこんなに泣けるんだろうとほんきで悩ましかった。

○笑って笑って、の切なくてあったかい声@僕僕
はい、僕僕担のraimuさんのお通りですよー!
「笑顔が咲いてますように@5×10」しかり、このパートはあいばくんが歌うことに意味がある。そうおもってます。

○どんな奇抜な衣装も1人だけなんとなく着こなしちゃうところ@VS
これからもあいばくんに変な衣装着せたってください、衣装さん。

○テンション上がってすぐに人のパート歌っちゃうところ@ライブ、FNS
FNSのアレは家族みんなでばくしょうしましたごめんねあいばくん!!!

○アイドルになって10年、の1と0は反対だけどわかちこを完全にじぶんのものにしちゃうところ@うたばん
なんでそれが出来るかって?それはあいばくんが真のアイドルだからです。

○ライブソロでの終始挑発的な目
くわれたい。←直球

○「又メールします」「見てちょ(^0^)」なところ
"また"が漢字なのがあいば流。顔文字の口が縦長なのがあいば流。

○やっぱり日本語が怪しいところ@マイガメール、さんさんごーごー!etc
これからも常に相葉語を世に発信していってください。あらしファンの共通言語にすればよいとおもいます。27歳になってもあほでおばか(褒めてる)なあいばくん、嫌いじゃない!!!

○まさむねくんとしての一生懸命な泣き顔@マイガール
2話で、しゃがんでコハルちゃんの腕をつかみながらその涙で一生懸命に伝えようとするまさむねくんがすごくすきです。

○文句無しのビジュ+マスク姿で、ひとり黙々とフリ起こししてるところ@ムテキメイキング
あいばまさきといういけめんが付けているマスクってすごくもえませんか。それはおおのさとしというようせいが付けている眼帯にすごくもえるのと類似しています。というかこのときのあいばくんのビジュアルがすきすぎるのです。

○それでも変わらずミラーマンを愛しているところ
いくつになってもみんなのミラーマンでいてね。

○ライブの挨拶で「ハイパー楽しかったです!」とか「もう一度世界中に嵐を巻き起こします!」とかって言えるようになったところ
すぐ泣いちゃうあいばくんだってだいすきだけど。あんまり泣かなくなったあいばくんだってだいすきです。

○昔に比べてわがままが言えるようになったところ@BYあいば担トップ
これにコメントなんてできるはずがない。だってあいば担トップの言うことなんですから、わたしがあれこれ言ったってむだです。だってこれがあいばくんへ示す愛のカタチの最上級だから。

○今年も遠くからでもはっきり伝わった、ライブのときのくしゃくしゃの笑顔の輝き具合
わたしのなかで、「笑顔」っていう言葉に「くしゃくしゃ」っていう形容詞がいちばん似合う人ランキング永遠のナンバーワンはあいばまさきです。目じりのしわはプライスレス。

○26歳の1年もいつでもどんなときでも全力で「相葉雅紀」だったところ
彼がわたしたちに伝えようとしてくれる「相葉雅紀」がわたしにとっての「相葉雅紀」すべてです。この項目を挙げてから去年のバースデー記事を見返したらおんなじこと書いてあってわらったけど。でもそういう意味で、26歳のあいばくんもいつだって全力で「相葉雅紀」でいてくれた。それにただただ感謝です。ありがとう。



これを考えながらおもったことは、思い出すあいばくんの姿がどれもこれも一生懸命だなあということです。
で、わたしのあいばくんのすきなところって結局そういうところなんだろうなとおもいます。
いままで6回、12月24日という日にあいばくんのことをたくさん考えてはおめでとうを言ってきたけれど、その6回すべてで、今回27コ目に挙げたあいばくんがいつもすきでした。
また来年、27歳のあいばくんを思い返すとき、おんなじことをすきでしたって言えたらいいなーっておもいます。
27歳のあいばくんもどうか一生懸命に「相葉雅紀」でいてください。


いつもわらっていてくれて、ありがとうね。
27歳の誕生日、おめでとう。
27歳のあなたにも、たくさんの笑顔が降り注ぎますように。



*web拍手



続きを読む >>
嵐[Special*] 23:50 comments(0)
これからも、ありがとう。




デビュー満10周年!おめでとう、嵐。



きょうはだいすきな友だちと、嵐会をしていたんですけど。
最後はわたしの地元で遊んでいたので、帰るときに駅まで送りに行って。
きょう1日とても楽しかったな、でも思えばきょうだけじゃなくずっとずっと、
彼らと出逢ってからは何でもない日々でさえ笑って過ごすことができたな。
なんて、噛み締めてみたりして。
いつものように笑ってばいばいをしてから、1人で家に帰るとき。
イヤホンから聴こえてくる音は、5×10を歌う5人のやさしい声。
その声を聴きながら何気なく見上げた空には、まんまるのお月様が。
いままでに見たこともないほど、綺麗に光の輪を描いて輝いていました。


それはまるで、10年歩いてきた彼らの道を包んでくれているようで。
そして、これから続いていくであろう道を照らしてくれているようでした。


そんなことはただのファンの思い込みでしか過ぎないと言われても仕方のないことだけど、でも。
わたしは嵐だからそれを信じることができるし、それを信じさせてくれる力が嵐にはある。
それはわたしが嵐といっしょに歩いてきた時間が、そう思わせてくれるのだとおもいます。

だって、楽しかったから。
彼らといっしょにいっぱい笑ったから。
涙腺の強いことがコンプレックスなわたしが、
唯一、素直に涙を流せた場所だから。
そして、彼らが楽しそうだから。
いつも5人いっしょに笑っているから。
わたしが嵐をすきな理由なんて、それくらいで十分です。
きっと、変わらないんでしょう。
だからわたしはずっと、あなたたちのことが大好きです。


やっぱり、嵐はわたしの夢です。
だからこれからも、ずっととなりで歩かせてね。


いままでも、これからも。
変わらずに、ありがとう。




***


冒頭にちょこっと言いましたが、きょうは嵐会でした!
ってことで、八潮団地、ピカイチでダンチッチ^^な八塩団地に行ってきたよー。
八潮でロケ地巡り→わたしの家でケーキ&DVD鑑賞→カラオケという1日。
それについてはまた後日、思い出記録として書き残そうと思ってるのだけど、その前に。


↓PIKA☆NCHIで、5人が色んなところに出発するときの架け橋になる場所の写真。





11年目の第一歩になるきょうという日にぴったりの写真だなあ、と思って載せてみました。
じぶんで撮っといてそんなこと言うのもなんなんですけど(笑)
見るとなんだか笑顔になれる気がする、そんなだいじな写真です。





きょうは1日中、5人でいっしょみたいだねー☆
いつものようにくだらないこと話してわらってるんだろーな^^
わたしはこれからも5人の笑顔を見ていたいので、
きょうからまた振り落とされないようにがっちりしがみついていきます!
かかってこい、嵐!えいえいおー!




*web拍手









嵐[Special*] 21:26 comments(0)
安らぐ場所を 夢に続きを




みなさん、わたしのこと覚えているでしょうか…?(びくびく)
高校生にはテストという名の地獄がありまして、
実はれっきとした高校生であるわたしはその地獄にひたすら耐えて生活をしていました。^^
この10日間くらいずーっと深夜4時ごろ就寝、というまいにちで><><
ほんっとにね、それでもお昼寝で睡眠時間を補っていたあたしからすれば(…)、
1週間に8時間の睡眠でドラマ撮影とテストを並行していた彼には頭が上がりません。


そう、きょうはそんな彼が今に続く新しい道を走り出してから、ちょうど14年の日です。


さいきん10周年で盛り上がって過去を振り返ることも多いなか、
わたしがしょうちゃんに対していま、強く思うのは。
彼がこの道を選んでくれて、ほんとうによかった。
この、ファンなら誰もが思うであろう単純なことだったり、します。

14年前のきょうは、「この道を選んだ」なんておもってはいないのだろうけど。
でもやっぱりその日があったから、きょうがある。
そんな当たり前のことに、きょうは改めて感謝したいです。
きっと傍にいくつもの道が広がっていたであろう彼が、いまここに立っている。
それは…大袈裟かもしれないけれど、ちょっと本気で、奇跡なんじゃないかとさえ思ってます。


いつもはあなたに対して素直に感情表現のできない曲がったわたしだけれど、
心の中でほんとうは、いつもいつも、おもってます。
きょうもあの世界の中でわらっていてくれて、ありがとう。



これからも、肩書きがジャニーズ/嵐な櫻井翔でいてください^^
こっちは喜んで、そりゃもうしっぽぶんぶん振って、ついていきます。





*web拍手
押していただけると舞って喜びます。










嵐[Special*] 17:15 comments(0)
Thx to you*




HAPPY BIRTHDAY !

To* KAZUNARI NINOMIYA.





にのみやさん、26歳のお誕生日、おめでとうございます^^


にのみやさんのもつ「儚さ」がだいすきです。
ふれたらこわれてしまうんじゃないか、そうおもわせる雰囲気をもっているひと。
だけど、それと相反するように、強い存在感があるんです。
「二宮和也」という、人間であることの。ほんとうに不思議なひとです。
だから、このひとの言葉をいつまでも聞いていたい、
もっと知りたい、とおもうんですよね。

そして、そうおもって彼のことを見続けても、きっと一生掴めない。
それが、まさしくあたしにとっての「二宮和也」なんです。
いつも適当なことを言ってほんとうのことをはぐらかしてみたりだとか、
うそばっかついてると思ったらとつぜん素直になってみたりだとか、
天邪鬼で小悪魔なのに照れたときには耳が赤くなってみたりだとか。
そんないつまでたってもわからないような感じの彼のことが、
あたしはきっとスキなんだろうとおもいます。
それでいつまでも、もっと知りたいって思わされ続ける。
…はい、26歳のにのみやさんにも掌の上で転がされる気マンマンですわたしw


ま、なんだかんだ言って5人でわいわいやって、
楽しそうにわらってるあなたが一番なんですけどね^^
嵐のことがほんとうにすきなんだなあ、って。
にのみやさんのことを見てそう思える瞬間がしあわせです。
アイドルに誇りを持っているにのみやさんが大すきで。
居場所は嵐なんだと言い切るにのみやさんが大すきで。
俳優として立っている舞台上で、「それは嵐ですよ」、って
小声ながらもはっきり言えてしまう彼が大すきです。
だれよりも嵐のことがだいすきなにのみやさんだから、
なにがあってもメンバーの気持ちもファンの気持ちもいち早く察してくれる。
だからどんな場所に行こうとも、安心して信じられる気がします。

「嵐でよかった。」
あいばくんが言ったときに、目に涙をためてわらっていた姿が忘れられなくて。
みんな泣いていたから、笑っていようとおもった。
あのとき確かそんなことを言っていたんだよ。
「出逢えてよかった。」
そわそわしながら出番を待っていたきみが、
力強く、わらって、そう言った姿をわすれません。
そんなにのみやさんに、出逢えて良かった。
ほんとうに、ほんとうに、良かった。





彼がしあわせでいられますように。
たくさんたくさん、わらっていられますように。
26歳のにのみやさんも、
変わらずみんなにきゃんきゃん言っていてください。
お願いしなくてもきゃんきゃんしてるとはおもいますが^^




いつも、いつも、ありがとう。







嵐[Special*] 20:13 comments(2)
FOR YOU*
H A P P Y
H A P P Y
B I R T H D A Y !

T O - S H O *




きょう1日中、ここに綴る言葉を考えていたのだけど。
正直、なんだかうまくまとまりませんでした。
櫻井翔、が大きすぎる。あたしにとって。

国立で彼が言った「幸せな時間でした」。
この言葉を言ったときのしょーちゃんの優しい顔。
26歳の彼を思い返したとき、一番はじめに頭に浮かんだのがこの瞬間です。
ほんとうに彼が幸せそうな顔をするから、思わずなみだが込み上げたのを覚えています。

このときに改めて強く感じたんです。
あなたには、いつでもしあわせでいてほしい。
あんなに優しい顔をする人、初めて見たから。
こんな普通なことしか言えなくなるほど、わたしはあなたのことがすきみたいです。

あなたをすきになってから一度たりとも揺るがないのは、
あなたをすきだと想う気持ちはわたしの誇りだということ。
でも、それだけじゃすきになった意味がない。
いつまでもあたしたちのことを「うちのコたちは優秀です」って言ってもらえるような自分でいたいと思う。


…伝えたい言葉が溢れてくるばかりで文章にならないよ。


あたしはいつでも、今のあなたが一番だいすきです。
28歳を迎えるときにまた、あの優しい顔で笑っていますように。
そして27歳を迎えたいま、幸せでありますように。


いつもいつもありがとう。


嵐[Special*] 23:37 comments(0)
未来に向かって咲くんだ


H A P P Y 
B I R T H D A Y !

F O R  *  


M A S A K I  A I B A



続きを読む >>
嵐[Special*] 21:35 comments(0)
F O R *
H A P P Y
H A P P Y
B I R T H D A Y !


T O  * *  S A T O S H I



28歳のお誕生日おめでとう。
27歳の1年は凄まじいものだったよね。
舞台、個展、ドラマ・・新しい挑戦もたくさんあった。
だけど、あたしが思いだす大野智といえば、
初の個展でも初主演のドラマでもなくて、
いつも変わらずにあるやさしい笑顔なんです。
それはいまだからおもうことじゃなくって、
すきになったときからずーっと、変わらない。

なにもしなくたって、なにも言わなくたって、
やっぱり大野智は嵐のリーダーだってつよく感じるのね。
だって、なにもしてないように見えても、それってしてるんだよ。
なんにも言わずにそこにいて、ただふにゃって笑ってる、リーダー。
それが嵐なんであって、それだけでもう支えなんだよ。
それでね、それがきっと誇りなんです。
こんなこと言えるの、大野智くらいしかいない。

前の記事にもおなじようなこと書いたけど、
さとしくんって絶対にじぶんに嘘をつかないひと。
なにかを達成するためにとことんじぶんを追い込むひと。
それって、やっぱり単純にすごいことだとおもうのね。
でも、本当にさとしくんがすごいのは、
きっとそれを努力だって思ってないところなのかなって。
怖いもの知らずのさとしくんだけど(笑)、
ほんとの意味で強いひとなんだろうな。
この「強い」にどれだけの痛みが隠れているのか、
それはきっとあたしたちには分からないものだし、
たぶんさとしくんが口にすることもないんだろうけど、
それでも彼はまたいつものようにふにゃって笑って、
一瞬であたしたちをしあわせにしてくれるから。


そんなさとしくんが、だいすきです。


いつも、いつも、ありがとう。
 





                      1126  來夢




     
嵐[Special*] 00:00 comments(0)
11.03

CDデビュー満9周年、おめでとう。


きょうで、本格的に10周年目に突入だねー。
10周年ばかり言ってると9周年がかわいそうだから、盛り上げる。
そんなことを智くんが言って始まった1年だけど。
たくさんの、"新"や"初"があった年だなーって。
カウコン初司会、智くん初個展、新番組スタート、
auCM起用、初5大ドームツアー、初国立、などなど。
数えだすとキリがないくらいです、ほんとに。
でも、あたしたちが誇りに思うのは、
すべてのことに、積み重ねがあるから。
初めてのことだって、それ以外のことだって、
いままで一歩づつゆっくり歩いてできた道があるから。
ぜんぶ、歩いてきた道の延長線上なんだよね。

「目の前のことを一生懸命やってれば、いい未来が待っててくれる」
いつかの雑誌で、翔ちゃんが言っていた言葉。
それはいまの嵐を表現する言葉であると同時に、
あたしの歩く道を照らす言葉でもあるんです。
あたしの歩く道は、嵐の歩く道。
大袈裟かもしれないけど、本当にそう思うんです。
5人が先をいくんじゃなく、同じ歩幅で隣にいてくれるから。
だから、あたしは自分のやってることを信じようって思える。


あたしにとって嵐は、
生きる糧であり笑顔の理由です。

いつも、いつも、ありがとう。




2008.11.03           來夢








嵐[Special*] 12:34 comments(0)
9年


9歳のお誕生日、おめでとうございます。




あの5人が、「嵐」になった日。
この日には本当に感謝です。
あの5人じゃなきゃ、この5人だからこそ。
今までの9年があったんだって、
ファンとしてそう言える自分が誇らしいです。







続きを読む >>
嵐[Special*] 20:08 comments(2)
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
WEB CLAP
ARASHI PEOPLE
DRECOM
PHOTO
ブログパーツUL5
COUNTER
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS