dreAm boat


grant a dreAm wiz u .
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- -
いつか笑ってまた再会 (おしらせ)


もうきょうで3月も終わってしまうというのに、寒い日が続きますね。みなさんいかがおすごしですか、raimuです。わたしは出会いと別れの季節である春があまり得意ではないので、冬がその別れを先のばすために冷たい風を吹かし続けているようだなあともおもいます。でももう桜も咲いたようですし、もう春はすぐそこまでやってきているのですね。はやくあったかくなるといいね。あいばくんは花粉症たいへんかもしれないけどね。でも鼻声のあいばくんは嫌いじゃありません。ひねくれたファンでごめんね!あしたから4月です。

ということは暦上、わたしはあしたから高校3年生になるわけです。がんばらなくちゃいけないことが増えます。やりたいことがたくさんあっても、それをすべてがんばろうとしたらいまのわたしには時間がたりません。なにかを始めるには、なにかを終わらせることもときには必要だということ、宿題くんでもみなさん痛いほど感じたとおもいますが、それはわたしにとってもおなじでした。あした言ったら「どうせエイプリルフールでしょ!」って言われてしまいそうなので、きょうご報告しますね。


dreAm boat は、きょうが最終回です!


おもえばここに移転してきたのが2007年4月1日。あれからもう3年も経つんだって。先に言っておきますがむかしの記事とか見なくていいからね(にっこり)。たぶん、「これ書いてるの同一人物?」ってなりますから^^でもそんな恥ずかしいあんな記事やこんな記事も、ぜんぶぜんぶわたしのたいせつな思い出がつまった宝物です。わたしがあらしといっしょに歩いてきた記録も、わすれたくない記憶も、ここにたくさん残してきた。だからほんとうは、ずっとここにいたいです。また次にやってくる春にここに戻ってこようか、とも考えました。でも、やっぱり1年という期間は長いです。中3の大晦日に、2ヶ月ここを離れたのとは訳が違う。1週間前の月曜日に、だいすきなひとたちがこれからまた頑張るためにホームから離れたのとおなじように。わたしも3月31日になったらここを離れようと決めたのは、もう3ヶ月以上も前の話です。

ここに遊びにきてくれていた方に感謝。ここがあったから出逢えたたくさんの方々に感謝です。特に拍手を設置してからは、更新を楽しみにしてくれている方がいるんだということを知り驚きました。とってもとっても嬉しかったです。わたしの記事に反応をくださった方にお返事をするのが楽しくて楽しくて。通りすがりの方も、たまたま立ち寄った方も、みなさんほんとうにありがとうございました。
ただつらいのは、ずっとここの更新を楽しみにしてくださった方たちを裏切ってしまうかたちになること(裏切ったつもりはまったくないけれど!)。わたしの受験を陰で応援してくださっていた方(いるか分からないけれど)に、ここでそのご報告ができないこと。もし、もしもブログが終わってもraimuのしょうもない脳内を覗きたい(または、話がしたいetc)という貴重な方がいらっしゃいましたらa01-sketch-dream☆mail.goo.ne.jp(☆→@)までご一報ください。よろこんでお返事いたします^^そしてこっそりLINKにはってあるはてなの更新はとりあえずまだ続けたいとおもっています。が、いつ更新ストップするかはわかりませんのでご了承ください。



ああ。この記事でここを更新するのはもう最後なんだなあ。じぶんで決めたことだけど、でもやっぱりさみしいです。だいすきな場所だったから。実感がなさすぎて、なんかまたふらっとここに現れてそうなじぶんがこわいです^^でもそれくらい、わたしにとっては当たり前にそばにあるだいじな場所でした。始まったものは、いつかは終わる。この誰もが頭では理解していることを、根っこの部分で感じることができている人はどれくらいいるのでしょうか。でも、これは別れではない、出会いたちとのまた新たな始まりなんだ!って、わたしのだいすきな人が言っています。1年後、どんな未来がわたしに待っているかは分からないけれど、もしかしたらまたどこかでこそこそ相も変わらずなブログを始めているかもしれません。もしそこでまた出逢うことができた方がいたなら、そのときその場所でまたわらって「はじめまして」をしましょうね。道はまっすぐじゃございませんから。わたしとあなたが、そしてわたしと來夢が。またどこかで交わる日を心のどこかに描きながら、じぶんのために頑張って歩いていこうとおもいます。そしていま、これだけは最後にここに記しておきたい。


わたしはきょうも、あらしがだいすきです。 ありがとうございました!!!!!





來夢[Days*] 11:03 comments(22)
すべてが光に満ちたYesterday



こんにちは!ほりきたまきが好きな弟をもつ、さくらいしょうが好きなraimuです^^わたしと弟、食の好みとかまったく違うのに!なぜ顔の好みはばっちり一緒なんだ!


このあいだ、あいばくんちに行ってきたよ!2度目ましてです。YES総武線(もじもじであいばくんが「総武線!」と発したときになぜかテンションが上がったのはわたしだけじゃないはす^^)!あいばくんちでレッツあらし会です。わたし最年少で参加させていただいたのですが、とっても素敵なあらし会でした。こんなぺらっぺらながきんちょのわたしに話しかけてくださったり、わたしが話しかけたらこたえてくださったり、なんかもうそれだけで「感謝カンゲキ雨嵐です><」とか恥ずかしいことを真顔でいえそうなくらい嬉しかったです。年齢や住んでいる場所、いろんなことを飛び越えてただおなじ好きなひとたちのことを話して楽しくなれるってすげえや、って単純におもいました。あらしを好きじゃなかったら、知ることのなかった気持ちです。あらしがすきだという想い一発で、わたしきっとふつうの高校生よりあんなことやこんなこと知ってるし感じてるし経験してる!小5であらしをすきになって高2まで成長したわたしですが、あらしに育ててもらったといっても過言ではないです。あらしは第2の親だ!…って話がだんだん飛躍してきたのでここらでやめておきます^^ここ見てくださってる方がどれだけいるか分からないですが、参加したみなさんありがとうございました!とっても楽しかったです。



んーとそうだね。なに書こうかな。しくだいがなくなるイコールわたしのブログでの話題が7割方なくなる^^こんなにメディアに露出しているというのになにを書けばいいかわからないという^^いや、あまりにインプットが多すぎて逆にアウトプットについていけないんだな。でもさとしが「(いまファンに出来ることは?の質問に対して)テレビとか雑誌にいっぱい出ることかな」って言ってた。じゃあこの流れでMISSについて語ってみます?ざっし担のわたしですが、さいきん金欠っぷりに磨きがかかってきたのでできるだけ自粛しようとがんばっていて、だからMISSも立ち読みで済まそう、済ますんだ!とじぶんに言い聞かせていたのに。P267の写真を見た瞬間にその決意はなかったことになりました。さーとーしーのーあーたーまーぁああ!!!(じたばた)となりの寝顔の写真よりもこっちの写真にときめくわたしはどうかしているんでしょうか。いや、わたしは間違ってない!だってあれずるい!ああ、いつも寝起きはほんとにこんな感じなんだろうなーっていう。ああ、もしも朝起きてとなりにこんなふうにかがんで目をこする寝起きのさとしがいたらなー…ってくぅううううう(わんこヴォイス)><わたしはこの写真にさとしのだだ漏れる色気をこの目ではっきりと見た。あらしっこって、不意打ちに色気かましてくるから困ります。狙うとそれるのよね(さいきんで言えばメンノンとか^^)。

テキストでは相変わらずの仏っぷりを見せたおおのさとし(29)でしたが、わたしのぐっときたポイントがこちら。「遠くに行ってないのにね。日本にいるんだし。近いよ」そうだね。さとし日本にいるもんね。東京にいるよね大体。東京なんてここ埼玉から車で数十分とばしたら着くわ!そう考えりゃ確かに近いわ!なんて考えながらね、ふふってわらいながら目を潤ませたわたしです。近いよ、ってはっきりと言い切っちゃうんだからこのひとはすごいね。うん、わたしも近いとおもう。なにがどう近いのか、とかそういうことは問題じゃなくね。ってこの言葉を聞いておもいました。うん、焦らずゆっくり、ね。



*web拍手


以下、拍手おへんじです。



続きを読む >>
嵐[Days*] 13:34 comments(1)
行ってきます!



終わっちゃったね。ほんとに終わったの?うっそだあ!!!
みんなだいすき宿題くん。なにから書いていいかわかんないや。だから最初っから書いてみます。



わたしがはじめてリアルタイムで深夜にテレビに映るあらしを見たときのこと、いまでもしっかり覚えています。そのときわたしは小学6年生。開始時間がAM1時を過ぎることも多かったあの番組を、わたしがリアルタイムで見ることを当時おかあさんが許してくれるはずもなく。VHSの使い方もよく分からなかったわたしは、ファンになってから半年以上過ぎてからはじめてDの嵐という番組を見たんです。その当時わたしの夜更かしが許されるのはおばあちゃんの家に泊まりに行ってるときだけでした。子どもながら、おばあちゃんちに泊まりに行く日程に水曜日をどうにかくい込ませようと調整したものです。そしてみんなが寝静まったころ、ひとりで布団をかぶって、どきどきしながら見守ったちいさなテレビに映った光景。それはなにやら、巨大魚を捕獲するために川であんなことやこんなことをしながらもけっきょく魚とれませんでしたっていう摩訶不思議な映像でした。小6のわたしの感想→「このひとたちなにやってんだろう???」…シビアです。でもそれが始まりでした。わたしの好きなかっこいいアイドルが、川で魚をとるために必死になっているその映像を見たときになぜか心の奥のほうに感じたわくわく感のようなもの。きっとそれが、きのうの2010年3月22日でいったん幕を閉じたってことなんでしょう。わたしは8年間のうち、いっしょに歩んだのは約6年間くらいですけど。それって小6のませがきが、高3っていうちょっとは将来を考えるようになる歳になるってことなんだよ。なんかすごいや。


しくだいが終わるってことが分かってから、わたしがずっと感じてきた寂しさのいちばんの理由。深夜じゃなくなるからとか、ゆるいあらしが見れなくなるとか、たぶんそういうことじゃなかった。長いあいだずっと近くで見守ってくれたスタッフさんと、離れ離れになるということ。メンバーがみずから「愛されてた」だなんていえちゃうくらいに愛情を注いでくれたスタッフと、それにこたえてきたあらしが、長い時間をかけてつみあげてきた1つのおおきなものが何者かの手によって断ち切られてしまうということ。それがたぶん、耐えられなかったのだとおもう。要するにわたしはここのスタッフがだいすきだったのです。お偉い方の考える最強のスタッフっていうのがどんなものなのか分からないけれど、わたしにとってはここのスタッフがいちばんだった。テロップでのいじり方も、秀逸すぎるBGM選びのセンスも、視聴者に名前と顔を知られてる(一部)ようなところも、その番組づくりの端々から出演者や視聴者に対する愛情を感じ取ることができたから。だいすきなあらしが、こんな素敵なスタッフさんたちといっしょにお仕事を続けることができたことは、ファンとして幸せなことだなあと誇りにおもいます。

ずっとね、「宿題くんのチャンスは残り9」って文字を見てから最終回が始まるまでずっとね、ただただ「さみしい、終わってほしくない、いやだ」。駄々をこねる子どものようにこれの一点張りだった。だけどなんていうかなー…最終回を見て、さいしょのさとしのお知らせと次元のナレーションではさみしくって泣いたけど、そっからの涙はたださみしいだけの涙じゃなかったんだよね。スタッフ日記を読んでそれこそ子どものようにわんわん泣いたのは涙腺が強いことで有名なこのわたしですけど、その日記を読んだときに「さみしい」って気持ちが「さみしいけど、」って"けど、"がつくようになったというか。分かりづらいですね^^んーと、いままでは泣きじゃくって手を振ることさえ拒んでいたとしたら、笑って手を振ることはできないにしても、泣きじゃくってぼろぼろになったひどい顔で少しだけ手を振ることはできるようになったかな、って感じです。だっていまにも泣きそうなあいばくんがさあ?「あー悲しくなってきたな」って言いながらも、前を向くって言うからさ。金粉でてっかてかに顔光らせながらじゅんくんがさあ?「またこのチームでこの時間に戻ってきたい」とか言うからさ。ブラックパイナー!って呼んであげるやさしいにーのがさあ?「また実験くんで」とか言うからさ。いまにも泣きそうっていうか若干泣いてるリーダーがさあ?「寝たら終わっちゃうんだよ!」とか言うからさ。みんなの話を母面して聞いていたであろうしょうさんがさあ?収録後、すっごいやさしい顔で拍手してるからさ。「大野復活」とかモーグル(+そのときの効果音)とか「ブランクだな」とか、なにそれ。なにそれ!やっぱり、さいごのさいごまでわらわせてもらったよ。


「行ってきます!」と笑顔で旅立った彼らには、「ただいま!」って言って帰ってくる家がある。もし帰ってくるのがいつになったとしても、たとえ帰ってくることがないとしても。「おかえり」って迎えてくれる家があるんだとおもうだけで信じられるなあって。そうおもったらいつまでも泣いてらんねえな!っておもったのです。だからきょうからは「涙禁止で〜す」!この記事書きながらほんとはいまも泣きそう、とか内緒!いまはただ、そんな信じられるホームをつくってくれたことに感謝です。あらし、スタッフのみなさん、小林さん、おぐさん、本当に本当にありがとう!!!!!しくだい愛してる(さいたまの中心から愛を叫んでます)!!!!!そしておつかれさま。ああ…さみしい、さみしいよ><><さみしい…けど。行ってらっしゃい、あらし。ぐっしゃぐしゃの泣き顔で精一杯強がっててをふるね。いつかまた、「おかえりなさい」って迎えられる日がくるのをずっと待ってます。その日まで、おやすみ!おしまい。




*web拍手
嵐の宿題くん、はじまるよー!







嵐[SHUKUDAI KUN*] 16:48 comments(0)
水玉の雫は虹色に溶けた



ついに22日の月曜日がやってきてしまいましたね。おひさしぶりですraimuです!姿を消していた間に、ライフさんの記者ブログも前説をやってくださっていた方のブログも、もちろんテレビライフやガイドも読みまして、もれなくなみだちょろりいたしておりました。きょうの30分を見届けてからすべて書こうとおもってます。ああ、わたしはやっぱり春がにがてです。変わっていくことを受け入れる強さがほしいよ。


♯特上カバチ!最終回
ちっすきたぁああああああああああああああ!!!!!!!!!記事冒頭のしんみりムードはどこへやら、なテンションでお送りします。このドラマが発表されたときスポーツ紙に確かに書いてあった「2人のラブシーンも予定」という言葉。わたしそれ信じてたんだ、さいしょは。でも見続けるにつれて薄まっていく期待。最終回予告でそれらしきシーンを見ても、予告詐欺という名の裏切りが怖くて「どうせ思わせぶりで終わるんだろ!!!へん!!!」と期待しないようにしながら…もやっぱりわくわくせずにはいられない1時間。そしてさいごの数分。全10話、計10時間分のなかのさいごの数分で予期せぬ事態が。……まさかのたむたむキャラ変えええええ?!?!?!?!というね^^たいへんおいしい展開がここにきて待ち構えていようとは^^おれのこと好きなんでしょ、おれはおまえのこと好きだけど。ってなにそれ確信犯たむら><><いつもはあんなだめだめだったじゃん!全10話、10時間分まるっとだめだめなかわいい田村くんだったじゃん!!!いいんですか?そんな田村がちゅう直後の表情で色気だだ漏れとかいいんですか許されるんですか?あのごちそう様でしたとしか言いようがない顎のラインとか許されるんですか?いいぞ田村もっとやれ!!!…ってもう終わっちゃったんだよねカバチ。ここにきて急にさみしいです。
とまあ、田村田村いってますが実はわたしみすずに惚れました。たむらに告白されて動揺するみすず。ちゅうされても強がるみすず。強がってたむらのこと殴っちゃうけど、でもにっこにこなみすず。……わたしと付き合ってください!!!ごめん変な意味じゃないです^^ただ単にわたしがつんでれ愛好家なだけです^^要するに、お仕事での上下関係が恋愛になると逆転してしまうたむら×みすずのコンビがすきだ!!!ということです。

ちっすに興奮して書くの遅くなりましたが、カバチチームのみなさん長いあいだお疲れさまでした!しょうさん、ほんとにほんとにお疲れさま。イブニングワイドで「おれ食べすぎ?」と笑いながら肉にかぶりついていたあなたの姿が頭から離れません。ブランチで「焼肉食いたい」って言ったあなたが頭から離れません!食べるがいいさ。おなかいっぱい食べるがいいさ(涙目)!!!このまえ久しぶりにARASICKを見たら、あなたの肉付き具合になんか安心したよ。肉っ気がないしょうさんもそれはそれでいいんだけど、そうすると「心配」という余計な感情がついてきちゃうからちょっと肉ついてたほうがいいなっておもいます。これから彼にどんなお仕事が待ち受けているのかわたしにはまだ分からないけど、でもちょっとは休めるといいな。オトノハの「もしかしたら〜」の一文にぐっときた。大変だったってじぶんの言葉で教えてくれてありがとう。でもその大変さを「もしかしたら」って言葉つかって表現するところ、100パーセントは肯定しないところ、そんなしょうさんがすきです。

わたし、しょうさんの言う「みんなも含めて」のみんなには入れないかもしれない。ここだけの話だけど、録画失敗して5話と7話みてないんです。ごめんたむたむ><><でもその罪滅ぼしにDVDはかいます。カバチチームの雰囲気がすきだったからメイキングたのしみです。あとはクランクアップ映像!ラストシーンがちっすシーンだなんておいしすぎます。粋な計らいをありがとう!正直、さいしょはこのドラマの雰囲気についていけなくてどうしようかなっておもってました。でも1話はたむたむのダッフルに助けられて、3話でこころが折れそうになりつつも6話くらいから徐々におもしろいかも、っておもえるようになったかな。それはたぶんスタッフのみなさんが試行錯誤してくださったからだとわたしはおもってます。大野事務所の面々がすげえ好きでした。ばか親3人がばか息子について語ってるシーンはお気に入りです。たむたむのシーンでいちばん好きなのは留置場!どうせビジュアルだろ、と思われそうですが(もちろんそれも込みですが^^)あのなみだがきれいだったからです。要するに9話と10話がすきです。忘れちゃいけないさとしの弁護士も><あとは「飛ばせドンパチ♪」がツボだったのでぜひ生電話はノーカットでDVDいれてください。まあ言えることは、全編とおしてたむらは愛せるヤツだったってことです(にっこり)!とりあえず最終話の感想が「ダッフル」って単語で埋め尽くされることがなくてよかったです(1話の感想参照)。



近頃の怒涛のCM放映なんなん!!!おおみやまりおのぶらざーずっぷりにいろいろ通り越して呆れた。にーのだけのときは潔く諦めたけれどこんかいは全種捕獲がんばってみ…ようかな……(よわき)。


*web拍手
あっそういえばわたしマイガールの世界展も地味に行ってきました(いま思いだした)。
いつも拍手ぱちぱちありがとうございます!

以下、拍手おへんじです。




続きを読む >>
嵐[Drama*] 15:49 comments(0)
どおりでまろやか



♯宿題くん @0308
まずは大きな感謝の言葉を。亘さん、スッポン料理を選んでくれてありがとう。おぐさん、いつもはわたしの心の中が無言状態になってしまうその無茶振りも今回ばかりはありがとう。あいばくん、「もう一杯あるよ」というあくまのようなてんしの一声をありがとう。さとしくん、それに便乗して「もう一杯あるよ」って言ってくれてありがとう(しょうに対してツンなさとしのやまっこへの感謝も伏せて)。スタッフさん、あの絶妙なタイミングでの確認作業をありがとう。そしてにのみやさん、もうなんか、すげーありがとう。わたしいま街行く人みんなにありがとうございます、って礼をしてまわりたい気分なんだ。なんでこんなまったくもって意味のわからない気分なのかというと、2010年3月9日0時過ぎにまったくもって意味のわからない映像がわたしの目に飛び込んできたからです。いやー意味わかんないね。人間がいちど口にいれたものをじぶんも口にいれたと知ったときに、「どおりでまろやか」だなんて言葉が口から出てくるまつもとじゅんこちゃんの思考は意味わかんなすぎです。わかりたくもないよ!そんなんしょうとじゅんだけが分かってればいいよ!しょうとじゅんだけのネバーランドだよ!つーかこんなこと言ってるお花畑なじぶんの脳内がいちばん意味わかんないよ!!!

にーのがじゅんこにびっくり事実を告げている横で、水とおなかをふるふる震わせながらうるんだ瞳でじゅんこを見つめるさくらいしょうに、しょうじゅんの新たなステージの幕開けを感じずにはいられないのです。にーのが「なにがびっくりって、」って言い始めたときすでに体をふるふるさせているってことは、じゅんこが胆汁を飲んだことによってなにが起きたか、これからにーのがなにを言い出すのか、あなたぜんぶ分かってたんでしょう。そのうえであんなふうにふるふるしてたんでしょう。ふるふる…ふるふる……(ぜつぼう)。それにしてもにーのちゃんってこわい。そのびっくりな事実を知っていたんなら、じゅんこが飲む前に教えてあげればよかったじゃないか。ねえ…もしかしてにーのちゃん……あなた楽しんでる………?!(わなわな)さくらいしょうとまつもとじゅんという2人の奇跡の距離感を、あなたもしかして楽しんでるでしょう!!!そういうことにしといたほうが今後のしょうじゅんがよりおもしろくなっていきそうなので勝手にそう解釈しておきます(勝手すぎ)。ぜひこれからも、全国のしょうじゅん狂の代弁者としてよろしくお願いいたします。そんでスタッフもスタッフだよ!なんだよあの、じゅんこが事実に気付いた瞬間の効果音!なんだよあのテロップ!しかもこのある種の事故をカットせずに全国に放送するってどういうことだよ!ったくもう、あいしてる!!!!!

あの…じゅんこはさ、あの胆汁がしょうさんがリバースした代物だってことをほんとうに知らなかったんでしょうか。だってすっぽん料理に夢中になりすぎだったとはいえども、にーのが「確認すんのやめろや!」って例の関西弁でスタッフにつっこんだとき、じぶんも指さしてつっこんでたよね?え?え???…これ以上探りだすともはやしょうじゅんに恐怖を感じそうだからこの件については闇にほうむることにします。それにしても。じゅんこの、事実を知ってしょうさんに目を向けたときのあの表情も、「どおりでまろやか」という発言も、にーのの「人肌であっためられてますから」って言葉に対しての「うん」という返しも、どれもこれも間違ったリアクションです。でもそんな、間違ってるきみがすきです。これからもそのじゅんこ節で、鼻から水が出てきてしまうほどの動揺をしょうさんに与えてあげてください。どうか、どうかよろしくお願いします(懇願)。


ああ…あの2分ほどの出来事にわたしは何行つかうんだ。でもこれでわたしは改めて痛感した。みなさんもお分かりでしょうが、わたしはただの沸点の低いしょうじゅんおたくなのです(堂々と)!さ、この止まらない胸のときめきはそろそろじぶんのなかにしまっておくとして。あのさあ、ちょっとさあ、あ、あいばくんがかっこよすぎるとおもうんだよね(動揺)。断然ストレート派、黒髪男子スキーのわたしにとっては今回のあいばくんのヘアスタイリングはごちそうさまでした以外のなにものでもないし、そんなあいばくんに淡い色のTシャツとだぼっとしたズボンはかせるってどういうことなんだろう。ほふく前進するあいばくんのうしろをほふく前進で追いかけ続けたいという新たな願望がわたしにうまれました。あと、さとしの日直ぶりがすごい。たぶんラスト日直(やべ、涙でてきた)ですよね?3年半の集大成があれですよ。素晴らしい日直ぶりです。そして毎度あらわれる通訳さん、おつかれさまです!そんな通訳さんのほふく前進が…なんど目をこすってもハイハイに見えるのはわたしだけですか。なんかごめん^^


きょうはもしかしてもしかするとさいごの収録ですか。つーか最終回に番協いるのか(とおいめ)。こんなにたのしい番組が、ああ、ほんとうに終わるんだなあ。次元、おねがいだからいつものトーンであと3回!なんていうのやめて><HPいったらあと2回!とか書いてあるしさ><><でも、考えません終わるまでは。あと2回、全力で楽しませてもらうんだからね!!!ああ、しょうじゅんだいすき!!!(どさくさ)



*web拍手
いつもぱちぱちありがとうございます。
くらっぷゆあへんず、えびばーでぃ!!!


以下、拍手おへんじです。



続きを読む >>
嵐[SHUKUDAI KUN*] 19:35 comments(0)
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
WEB CLAP
ARASHI PEOPLE
DRECOM
PHOTO
ブログパーツUL5
COUNTER
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS